4人乗りの新型フェラーリ「FF」が日本上陸

2011.07.05 自動車ニュース
「フェラーリ・フォー」
4人乗りの新型フェラーリ「FF」が日本上陸

4人乗りの新型フェラーリ、「FF(フェラーリ・フォー)」が日本上陸

フェラーリ・ジャパンは2011年7月5日、新型の4人乗りモデル「フェラーリ・フォー」を国内で披露した。

伸びやかなサイドビュー。ホイールのサイズは標準で大径の20インチとなる。
伸びやかなサイドビュー。ホイールのサイズは標準で大径の20インチとなる。
フロントまわりは、どこかV8モデル「458イタリア」を思わせる。アグレッシブな形相である。
フロントまわりは、どこかV8モデル「458イタリア」を思わせる。アグレッシブな形相である。
フロントに搭載されるV12エンジン。その前方には動力の取り出し口(パワートランスファーユニット)が設けられ、必要に応じて4WDとなる。
フロントに搭載されるV12エンジン。その前方には動力の取り出し口(パワートランスファーユニット)が設けられ、必要に応じて4WDとなる。

■4人で乗れる、四駆の跳ね馬

「フェラーリ・フォー」こと「FF」は、2011年3月のジュネーブショーでデビューした、フェラーリの最新モデル。「612スカリエッティ」の後を継ぐ、新たな4シーターである。

とはいえ、「FF」はただの新型にあらず。その名「フォー(Four=4)」が示すとおり、座席はこれまでの2+2とは異なる、大人4人がしっかり乗れるフル4シーターで、「スポーツカーとしてのハイパフォーマンスと、GTモデルとしての使い勝手を両立した」と、フェラーリは主張する。

直接市場を分かつのは、「ポルシェ・パナメーラ」や「アストン・マーティン ラピード」などの“4人乗りスポーツカー”。
しかし、「FF」の姿かたちは、ライバルたちとはやや異なる。スポーツカーであることへの強いこだわりから、ドアは左右1枚ずつ。ルーフはセダンのごとく水平に長く伸び、フェラーリにしては珍しい、ハッチゲートをリアにもつ。
実際のボディサイズは、全長×全幅×全高=4907×1953×1379mm(ホイールベースは2990mm)の堂々たるもの。にらみのきいたフロントまわりと相まって、独自の存在感を主張する。

その鼻先におさまるパワーユニットは、660CV(486kW=651hp)/8000rpm、70.0kgm/6000rpmを発生する直噴の6.3リッターV12エンジンだ。
組み合わされるギアボックスは、7段のデュアルクラッチ式。基本的には後輪を駆動するが、1〜4速を選択中にスリップなどで後輪のグリップが失われた場合、エンジン前部に設けられた「パワートランスファーユニット」を介し、前輪軸へと必要なトルクを配分、四輪を駆動することができる。「4RM」と呼ばれるこの4WDシステムも、「フォー」の車名に象徴される、フェラーリ初のメカニズムである。
路面を選ばず高いスタビリティを発揮できるというのはもちろん、トランスアクスル・レイアウト(エンジンを車体前方に、ギアボックスを車体後方に切り離して置く構造)により47:53の前後重量配分を実現するなど、スポーツ走行性能にはこだわりを見せる。

運転席まわりの様子。日本仕様車のハンドル位置は、左右どちらも選べる。
運転席まわりの様子。日本仕様車のハンドル位置は、左右どちらも選べる。
独立式の2座となる後席。「大人がちゃんと乗れる」スペースとなっている。
独立式の2座となる後席。「大人がちゃんと乗れる」スペースとなっている。
荷室容量は450〜800リッター。フル乗車の状態(写真)でも、2個のゴルフバッグと標準サイズのキャリーケースが積載可能だ。
荷室容量は450〜800リッター。フル乗車の状態(写真)でも、2個のゴルフバッグと標準サイズのキャリーケースが積載可能だ。

なお、公称される0-100km/h加速タイムは3.7秒で、最高速度は335km/h。100km/hの速度からわずか35mで停止できる制動力、エコロジーなアイドリングストップ機構もアピールポイントだ。

インテリアも、ポルトローナフラウ社のレザーを用いた豪奢(ごうしゃ)な仕立て。前席の背面それぞれにモニターを設けるリアエンターテインメントシステムをはじめ、カーオーディオ、カーナビゲーションシステム、クルーズコントロールといった快適装備も完備する。
トランクルームは、4名乗車時で450リッター、後席を畳めば最大800リッターの容量が得られる。ゴルフや旅行はいわずもがな、近所の買い物にもパフォーマンスを発揮する(?)“使える跳ね馬”となっている。

かような「フェラーリ・フォー」の価格は、3200万円。日本国内での受注はすでに始まっており、秋口のデリバリー開始が見込まれている。

(webCG 関)

(「フェラーリ・フォー」のさらに詳しい写真はコチラから)
4人乗りの新型フェラーリ「FF」が日本上陸

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

FFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.7.26 試乗記 車名も新たに、大幅に進化したフェラーリのフル4シーター4WDクーペ「GTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12自然吸気ユニットを高らかに歌わせれば、真に贅沢(ぜいたく)なグランツーリズモとは何なのかが、即座に理解できるだろう。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
ホームへ戻る