ガヤルドに“イタリアらしい”内外装の特別仕様車

2011.07.04 自動車ニュース

ランボルギーニ、「ガヤルドLP-550-2トリコローレ」を発売

ランボルギーニ・ジャパンは2011年6月30日、「ランボルギーニ・ガヤルド」のスペシャルエディション「LP550-2トリコローレ」を発表、同日販売を開始した。

「ランボルギーニ・ガヤルド LP550-2トリコローレ」は、イタリア統一150周年を記念する特別仕様車だ。現行ガヤルドシリーズでは唯一の後輪駆動車である「LP550-2」(eギア仕様)をベースに、独自のドレスアップや特別な装備が与えられることで、"イタリアらしさ"が演出されている。

「ビアンコ・モノセルス」(ホワイト)または「ネロ・ノクティス」(ブラック)の2色が設定されるボディには、イタリア国旗をイメージさせるグリーン&ホワイト&レッドのストライプがボンネットからルーフ、リアウイングにかけてあしらわれる。なおこのストライプは、1台1台手作業で描かれる。

また、カーボンファイバー製のサイドミラーケースとサイドシルのほか、シャイニーブラック塗装の「カリスト」デザインホイールが採用されるのも「トリコローレ」ならではのポイントだ。

内装は、ほぼ全面がレザーまたはアルカンターラ仕上げとなり、シートには厳選された素材を用いた「ネロ・ペルセウス」ブラックレザーシートを採用。運転席には外装と同様に3色のストライプが入れられるほか、サイドサポート部には刺繍によるレタリングが施される。また、eギアのコンソール部とステアリングホイールの一部にカーボンファイバーパーツが使われており、スポーティな雰囲気が高められている。

同モデルには、通常はオプション扱いの透明エンジンカバー、リアビューカメラ、ホワイトサイドインジケーター、電動ヒーテッドシートなどが標準装備される。またオプションでカーボンセラミックブレーキの装着も可能となっている。

機関面はベース車からの変更はない。

価格は、LP550-2より43万2390円安い、2364万9360円。なお同モデルは、2011年の期間限定車となる。

(webCG 曽宮)

「ガヤルドLP550-2トリコローレ」
「ガヤルドLP550-2トリコローレ」

ガヤルドに“イタリアらしい”内外装の特別仕様車の画像

ガヤルドに“イタリアらしい”内外装の特別仕様車の画像

ガヤルドに“イタリアらしい”内外装の特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ガヤルドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)【試乗記】 2011.11.7 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)
    ……3377万4825円

    超軽量を意味する「スーパーレジェーラ」。ベース車の「LP570-4」と比較して70kg軽量化された「ガヤルド」は、一体どれだけ凶暴化したのか。猛牛で箱根を目指す!
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラ4 E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.27 試乗記 新型「ポルシェ・パナメーラ」に、プラグインハイブリッドモデルの「パナメーラ4 E-ハイブリッド」が追加された。2世代目となり、4WDの駆動システムを得た同モデルに南アフリカで試乗。電動化に見るポルシェのこだわりに触れた。
  • マクラーレン720S 2017.3.8 画像・写真 マクラーレンは2017年3月8日、新型スポーツカー「720S」を国内初公開した。新開発のセンターモノコック「モノケージII」を初採用し、720psの4リッターV8ツインターボエンジンを搭載。車両価格は3338万3000円。その詳細を画像で紹介する。
  • ポルシェ、日本仕様の新型「パナメーラ」を初公開 2017.2.28 自動車ニュース ポルシェが新型「パナメーラ」の日本仕様を初公開した。新型パナメーラはポルシェの新しいプラットフォーム「MSB」を採用した第1弾のモデルにあたり、V6、V8のツインターボモデルに加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
ホームへ戻る