【スペック】全長×全幅×全高=4940×1880×1415mm/ホイールベース=2875mm/車重=1770kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(306ps/6500rpm、37.7kgm/3500-5250rpm)/価格=930万円(テスト車=949万5000円/ガラススライディングルーフ=19万5000円)

メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)【試乗記】

マッチョになった理由 2011.07.03 試乗記 メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)
……949万5000円

新しいスタイルに生まれ変わった「CLS」の3.5リッターモデルに試乗。個性派4ドアクーペはどんな進化をとげたのか。

正しいモデルチェンジ

6年ぶりのフルモデルチェンジを果たした「メルセデス・ベンツCLS」、ずいぶんマッチョになった印象だ。スリーポインテッドスターのクルマにしては異例なほど(!?)小じゃれた雰囲気を漂わせていた初代から一転、いかにも肉食なジャーマンカーとして再登場した。いちクルマ好きとしては、一抹の寂しさも感じるけれど、ビジネス的には正しい変化をしたと思う。

先代は、4ドアクーペというニッチな市場を開拓すべく、それでも比較的「読める」ジャガーのマーケットを蚕食(さんしょく)して、みごとなスマッシュヒットとなった。ニューCLSは?

いわゆる高級車のカテゴリーを見まわしてみると、価格帯も性格も幅広いが、いつのまにか個性派4ドアモデルが花盛り。懐に余裕がある人にとって、昨今の“人とは違う”4ドアブームの火付け役たる「マセラティ・クワトロポルテ」はもとより、伝統から離れたかに見える「ジャガーXJ」もオルタナティブとして悪くない。「アウディA7」はCLSと真っ正面からあたり、「ポルシェ・パナメーラ」も対抗車種となろう。アカデミックな分類では外れるが、「BMW X6」あたりも選択の範疇(はんちゅう)に入りそうだし、はたまた「アストン・マーティン ラピード」を、首を長くして待っている人もいそうだ。

指名買いが圧倒的なスポーツカーと異なり、この手のクルマを求めるお客さまは、時代の流れと世の気分のまま、ブランドの垣根を易々と越え、一般的なクルマ好きからはちょっと想像しにくい買い換えや比較検討をすることも多いと聞く。トレンドセッターとなったメルセデスのCLSも、安閑としていられない。

もうひとつ、新しいCLSが男性的なスタイルとなった理由がある。


メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)【試乗記】の画像
サイドまで回り込むようにデザインされたリアコンビネーションランプにはLEDが多用される。
サイドまで回り込むようにデザインされたリアコンビネーションランプにはLEDが多用される。

メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CLSクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン(4WD/9AT)【試乗記】 2016.9.23 試乗記 直4ターボの「Cクラス」と、V8ツインターボを搭載する「AMG C63」の中間に位置づけられる「メルセデスAMG C43」。その「ステーションワゴン」に試乗してわかったのは、このモデルならではのバランスのよさだった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • メルセデス・ベンツC200ステーションワゴン スポーツ(本革仕様)【試乗記】 2015.2.16 試乗記 6年ぶりのフルモデルチェンジを果たした「メルセデス・ベンツCクラス ステーションワゴン」に試乗。ワゴンボディーをまとうコンパクトメルセデスの「アジリティー」を確かめた。
  • 【デトロイトショー2017】デトロイトに彩りを添えた日本メーカー 2017.1.11 自動車ニュース 2017年1月8日に開幕した北米国際自動車ショー、通称デトロイトショーにおける、日本メーカーの様子をリポート。「レクサスLS」に「トヨタ・カムリ」「ホンダ・オデッセイ」など、話題のニューモデルが世界初公開された。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
ホームへ戻る