クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4940×1880×1415mm/ホイールベース=2875mm/車重=1770kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(306ps/6500rpm、37.7kgm/3500-5250rpm)/価格=930万円(テスト車=949万5000円/ガラススライディングルーフ=19万5000円)

メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)【試乗記】

マッチョになった理由 2011.07.03 試乗記 メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)
……949万5000円

新しいスタイルに生まれ変わった「CLS」の3.5リッターモデルに試乗。個性派4ドアクーペはどんな進化をとげたのか。

正しいモデルチェンジ

6年ぶりのフルモデルチェンジを果たした「メルセデス・ベンツCLS」、ずいぶんマッチョになった印象だ。スリーポインテッドスターのクルマにしては異例なほど(!?)小じゃれた雰囲気を漂わせていた初代から一転、いかにも肉食なジャーマンカーとして再登場した。いちクルマ好きとしては、一抹の寂しさも感じるけれど、ビジネス的には正しい変化をしたと思う。

先代は、4ドアクーペというニッチな市場を開拓すべく、それでも比較的「読める」ジャガーのマーケットを蚕食(さんしょく)して、みごとなスマッシュヒットとなった。ニューCLSは?

いわゆる高級車のカテゴリーを見まわしてみると、価格帯も性格も幅広いが、いつのまにか個性派4ドアモデルが花盛り。懐に余裕がある人にとって、昨今の“人とは違う”4ドアブームの火付け役たる「マセラティ・クワトロポルテ」はもとより、伝統から離れたかに見える「ジャガーXJ」もオルタナティブとして悪くない。「アウディA7」はCLSと真っ正面からあたり、「ポルシェ・パナメーラ」も対抗車種となろう。アカデミックな分類では外れるが、「BMW X6」あたりも選択の範疇(はんちゅう)に入りそうだし、はたまた「アストン・マーティン ラピード」を、首を長くして待っている人もいそうだ。

指名買いが圧倒的なスポーツカーと異なり、この手のクルマを求めるお客さまは、時代の流れと世の気分のまま、ブランドの垣根を易々と越え、一般的なクルマ好きからはちょっと想像しにくい買い換えや比較検討をすることも多いと聞く。トレンドセッターとなったメルセデスのCLSも、安閑としていられない。

もうひとつ、新しいCLSが男性的なスタイルとなった理由がある。


メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)【試乗記】の画像 拡大
サイドまで回り込むようにデザインされたリアコンビネーションランプにはLEDが多用される。
サイドまで回り込むようにデザインされたリアコンビネーションランプにはLEDが多用される。 拡大

メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)【試乗記】の画像 拡大

見た目が走りに追いついた

言うまでもなく、存在感を増す一方の、中国市場への対応である。勢いがあるマーケットでは、「上品」とか「趣味のよさ」より「押し出しの強さ」こそが大事……ということは、いまや日が沈みつつある国の過去を振り返ってみれば容易に想像できる(頑張れ、ニッポン!)。

さて、2011年2月18日に、日本での販売が発表された2代目CLS。わが国に入るのは、3.5リッターV6(306ps、37.7kgm)を搭載する「CLS350 ブルーエフィシェンシー」(930万円)と、5.5リッターV8ツインターボ(524ps、71.3kgm)という強心臓を積む「CLS63 AMG」(1645万円)の2種類。かたやエコカー減税対象となる環境対応省エネモデル。こなた、700Nmで車軸もねじ切れよ、と言わんばかりのハイパフォーマンスマシン。どちらもメルセデルのイメージブースターとなりうる、ハイ&ローミックスである。

今回の試乗車は、新開発の6発を用いる「CLS350 ブルーエフィシェンシー」。言葉のあやで「ロー」と書いたが、もちろん、絶対的にお安いわけでも性能が低いわけでもない。むしろ、その逆である。ドアをアルミ化し、1750kg(ガラスサンルーフ付きは1770kg)と旧型より子ども一人分ほど軽くなったボディを、従来型より34psと2.0kgmアウトプットを増やしたパワーソースで押し出すのだから、動力性能に不満があろうはずがない。
4カムの3497cc V6は、シリンダー内に精緻に燃料を吹き出すピエゾ式インジェクターを備えた直噴ユニットで、欧州での測定では、旧V6と比して33%の燃費向上を見たという。アイドリングストップ機能も備えたCLSの、日本でのカタログ燃費は、10・15モードが12.4km/リッター、JC08モードは12.0km/リッターとうたわれる。組み合わされるトランスミッションは、「7Gトロニック」こと7段ATとなる。

走り始めれば、これはもうメルセデスのクルマ。高速道路を、文字通り矢のように直進する。路面の多少の凹凸はものともしない、適度なダンピング。初代も見かけよりよほどスポーティに仕上げられていたが、2代目で、外観が走りに追いついたようだ。

有無を言わさぬリッチ感

新型CLSのボディサイズは、全長×全幅×全高=4940mm×1880mm×1415mm。初代よりわずかに大きくなったが、せいぜい指一本の差だ。ホイールベースは、ベースとなった「Eクラス」と同じ2875mm。
スリーポインテッドスターが鎮座するグリルは、最近の同社の流儀に倣って立ち気味。横から4ドアクーペを眺めると、いかにもFRらしい、のびやかにノーズが伸びた、いいフォルムをしている。ルーフラインも流麗。惜しむらくはビジーなライン類で、ドアハンドル下を前方に駆け上がるショルダーラインは、素人目には生煮えな印象を受けるし、リアホイールの前の、猛獣の後ろ足を思わせるラインはどうもベントレーを思い出させていけない。前後ランプ類でLEDを多用しているのも、流行を後追いした印象がぬぐえない。

……といったあら探しをしつつも、新しいCLSは、いかにもメルセデスのパーソナルモデルらしい雰囲気があると感心した。有無を言わさぬリッチな感じとでも言おうか、SLにも共通する、ある種の威圧感を身にまとう。

室内も豪華なもの。しっかりしたレザーを使った頑丈なシート。ウッドパネル。インストゥルメントパネルの中央では、四角いアナログ時計が時を刻む。トランスミッションのセレクターは、ステアリングコラムから生えるレバーに集約されるので、トンネルコンソールはすっきりしている。北京や上海、そして香港などのリッチピープルが、ちょっと得意げにハンドルを握る姿が目に浮かぶようだ。

意外なのはリアシートの居住性の高さで、頭上広々とはいかないが、足まわりの空間も不満なく、完全に実用的だ。後席でくつろぎながら、「大戦前、フランスのしゃれ者は、わざわざ運転手付きでクーペの後席に座ったという。新しいCLSをショーファーカーとして使うのも酔狂かもしれない……」などと夢想したが、しかしそんなことを考える人はCLSを買わない。

(文=青木禎之/写真=菊池貴之)


メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)【試乗記】の画像 拡大

メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)【試乗記】の画像 拡大
メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)【試乗記】の画像 拡大
タイヤサイズは255/40R18、18インチの5スポークアルミホイールが標準装備となる。
タイヤサイズは255/40R18、18インチの5スポークアルミホイールが標準装備となる。 拡大
あなたにおすすめの記事