ピンクの「ルノー・カングー」日本限定発売

2011.07.01 自動車ニュース
「ローズ」カラーの「ルノー・カングー クルール」。
ピンク色の「ルノー・カングー」日本限定発売!

ルノー、全4色の特別色限定車「カングー クルール」発売

ルノー・ジャポンは2011年7月1日、トールワゴン「カングー」に全4色の特別ボディカラーが施された限定車「カングー クルール」を発表した。 台数限定で、7月9日に販売を開始する。


ピンクの「ルノー・カングー」日本限定発売の画像
右から、「ブルー クレール メタリック」、「ベール ジャルダン」、「オランジュ アンダルー」。オレンジとグリーンは、前回の限定車と同色に見えるが、微妙に違う。
右から、「ブルー クレール メタリック」、「ベール ジャルダン」、「オランジュ アンダルー」。オレンジとグリーンは、前回の限定車と同色に見えるが、微妙に違う。
バックミラーの上にある小さいミラーがチャイルドミラー。先代「カングー」には設定があったが、現行モデルでは、「カングー クルール」のみの装備となる。
バックミラーの上にある小さいミラーがチャイルドミラー。先代「カングー」には設定があったが、現行モデルでは、「カングー クルール」のみの装備となる。

「カングー クルール」は、2010年6月に3色の特別色をボディカラーに採用して発売され、およそ3週間で限定90台を完売したという特別限定モデル。

今回はその第2弾として、4色の特別色が用意されたほか、新色の内装色が採用された。
特別色は、「ローズ」(ピンク)、「ブルー クレール メタリック」(ブルー)、「オランジュ アンダルー」(オレンジ)、「ベール ジャルダン」(グリーン)の4色。

この中で注目なのは、ピンクの「ローズ」だ。この色は、カングーのラインナップとして他のどの国でも設定の無い、日本だけで販売されるレアものとなる。また、「ブルー クレール メタリック」、「オランジュ アンダルー」、「ベール ジャルダン」の3色は、1970年代に販売された初代「ルノー5」の純正色として採用されていたボディカラーで、こちらも日本市場のために特別にペイントしたものだという。

内装色は、ドアトリム、ダッシュボード、ステアリングホイールが新色のダークグレーとなり、シート生地はライトグレーが採用される。

また、通常設定のないチャイルドミラーも標準装備。これは後席の様子を確認するためのもので、ルームミラーの上に設置される。

価格は、MTモデルが219万8000円、ATモデルが229万8000円。
「ローズ」が30台、ほか3色が各90台、計300台の限定で販売される。

(webCG ワタナベ)

新色ライトグレーのシート。
新色ライトグレーのシート。
「カングー クルール」は、バンパーがウレタン素地(黒)、サイドミラーはブラック塗装となる。パワートレインその他は「カングー1.6」と同じ。
「カングー クルール」は、バンパーがウレタン素地(黒)、サイドミラーはブラック塗装となる。パワートレインその他は「カングー1.6」と同じ。
ピンクの「ルノー・カングー」日本限定発売の画像

関連キーワード:
カングールノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
ホームへ戻る