ピンクの「ルノー・カングー」日本限定発売

2011.07.01 自動車ニュース
「ローズ」カラーの「ルノー・カングー クルール」。
ピンク色の「ルノー・カングー」日本限定発売!

ルノー、全4色の特別色限定車「カングー クルール」発売

ルノー・ジャポンは2011年7月1日、トールワゴン「カングー」に全4色の特別ボディカラーが施された限定車「カングー クルール」を発表した。 台数限定で、7月9日に販売を開始する。


ピンクの「ルノー・カングー」日本限定発売の画像
右から、「ブルー クレール メタリック」、「ベール ジャルダン」、「オランジュ アンダルー」。オレンジとグリーンは、前回の限定車と同色に見えるが、微妙に違う。
右から、「ブルー クレール メタリック」、「ベール ジャルダン」、「オランジュ アンダルー」。オレンジとグリーンは、前回の限定車と同色に見えるが、微妙に違う。
バックミラーの上にある小さいミラーがチャイルドミラー。先代「カングー」には設定があったが、現行モデルでは、「カングー クルール」のみの装備となる。
バックミラーの上にある小さいミラーがチャイルドミラー。先代「カングー」には設定があったが、現行モデルでは、「カングー クルール」のみの装備となる。

「カングー クルール」は、2010年6月に3色の特別色をボディカラーに採用して発売され、およそ3週間で限定90台を完売したという特別限定モデル。

今回はその第2弾として、4色の特別色が用意されたほか、新色の内装色が採用された。
特別色は、「ローズ」(ピンク)、「ブルー クレール メタリック」(ブルー)、「オランジュ アンダルー」(オレンジ)、「ベール ジャルダン」(グリーン)の4色。

この中で注目なのは、ピンクの「ローズ」だ。この色は、カングーのラインナップとして他のどの国でも設定の無い、日本だけで販売されるレアものとなる。また、「ブルー クレール メタリック」、「オランジュ アンダルー」、「ベール ジャルダン」の3色は、1970年代に販売された初代「ルノー5」の純正色として採用されていたボディカラーで、こちらも日本市場のために特別にペイントしたものだという。

内装色は、ドアトリム、ダッシュボード、ステアリングホイールが新色のダークグレーとなり、シート生地はライトグレーが採用される。

また、通常設定のないチャイルドミラーも標準装備。これは後席の様子を確認するためのもので、ルームミラーの上に設置される。

価格は、MTモデルが219万8000円、ATモデルが229万8000円。
「ローズ」が30台、ほか3色が各90台、計300台の限定で販売される。

(webCG ワタナベ)

新色ライトグレーのシート。
新色ライトグレーのシート。
「カングー クルール」は、バンパーがウレタン素地(黒)、サイドミラーはブラック塗装となる。パワートレインその他は「カングー1.6」と同じ。
「カングー クルール」は、バンパーがウレタン素地(黒)、サイドミラーはブラック塗装となる。パワートレインその他は「カングー1.6」と同じ。
ピンクの「ルノー・カングー」日本限定発売の画像

関連キーワード:
カングールノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 前編:新型「メガーヌGT」で駆ける 2018.1.31 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> ルノーのスポーツモデルには、同社のモータースポーツ活動を担うルノー・スポールの知見と技術が生かされている。その醍醐味(だいごみ)を、まずは新型「メガーヌGT」の走りを通して堪能した。
  • 5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場 2018.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年2月2日、「メルセデス・ベンツVクラス」のモデルラインナップに「V220dマルコ ポーロ ホライゾン」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年7月ごろとなる見込み。
  • 「フェラーリ・ポルトフィーノ」が日本デビュー 2018.2.19 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2018年2月19日、東京都千代田区のパレスホテル東京において、新型オープンスポーツカー「ポルトフィーノ」を日本初公開した。税込み価格は2530万円となる。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
ホームへ戻る