第200回:【Movie】ベルギーとクルマの意外な関係 大矢アキオ、捨て身の路上調査員「ブリュッセル編」

2011.07.01 エッセイ

第200回:【Movie】ベルギーとクルマの意外な関係大矢アキオ、捨て身の路上調査員「ブリュッセル編」

ブリュッセルのステファニー広場で。「ボルボ145」がロータリーを回る。なおボルボは1965年、初の国外生産拠点としてベルギー工場を操業開始している。
ブリュッセルのステファニー広場で。「ボルボ145」がロータリーを回る。なおボルボは1965年、初の国外生産拠点としてベルギー工場を操業開始している。
ベルギーといえばワッフル。移動販売車のベースはフォルクスワーゲンかルノーが一般的。
ベルギーといえばワッフル。移動販売車のベースはフォルクスワーゲンかルノーが一般的。

ベルギーといえば……

日本といえば、1にレ・ゲイシェ(イタリアにおける芸者の複数形)、2にスモウ(相撲)、3にカラキリ(『Harakiri』のイタリア語読み)というイタリア人はいまだ多い。そのたび「まいっちんぐ!」と昔のアニメのセリフを心の中で叫んでいるボクである。しかし、ベルギーに関していえば、ボクはイタリア人を笑えなかった。

ボクにとって過去のベルギー上陸はその昔、英国からカートレインでユーロトンネルを越えたあと、フランスを目指すのにちょっと“かすった”ときだ。ボコボコした石畳を伝統的にベルジャンロード(ベルギーの道)というが、ベルギーのオートルートはそんなことと無縁なばかりか、街路灯が隣国フランスに比べて整備されているのに驚いた。しかしその他のベルギー知識といえば、「ワッフル」「ゴディバのチョコ」「EU」という貧弱なものだ。

ということで、今回本連載が200回を迎えたのを勝手に盛りあげるため、ベルギーの首都ブリュッセルを訪れてみることにした。

ルノーは以前ベルギーに工場を持ち「4L」などを生産していたことから、今でもポピュラーなブランドのひとつ。
ルノーは以前ベルギーに工場を持ち「4L」などを生産していたことから、今でもポピュラーなブランドのひとつ。
昨今パトロールカーはフォルクスワーゲンによる納入実績が高いようだ。写真は「ジェッタ」。
昨今パトロールカーはフォルクスワーゲンによる納入実績が高いようだ。写真は「ジェッタ」。
日立建機はトヨタと並び、路上でよく見かける「人気日本ブランド」。
日立建機はトヨタと並び、路上でよく見かける「人気日本ブランド」。

意外に深い!?

調べてみると、ベルギーとクルマは意外にも関係が深い。まず、欧州自動車工業会(ACEA)はブリュッセルに本部を置いている。
さらにこの国にはボルボ(『S40』など。以下カッコ内は現在の代表的生産車種)、フォード(『モンデオ』)、アウディ(『A1』)の乗用車工場が長年にわたり稼動していて、2010年には計約59万3000台の国内生産を記録している。さらに欧州各国で知られるバスメーカー、ヴァンホールもベルギーを本拠としている。

いっぽうで生産規模縮小の際、ベルギーの自動車工場は真っ先に候補に上がることも現実だ。事実1990年代中盤にはルノーが労働界の猛烈な抗議にもかかわらず工場を閉鎖。昨2010年には「オペル・アストラ」などを生産していたアントワープのGMオペル/ヴォクスホール工場も閉鎖された。ボルボも近年「ベルギー工場閉鎖?」との憶測報道が流れたことがある。

それはさておき、久々に「ホントに街を走っているクルマ調査」を、今回はブリュッセル市内で実施してみた。
曜日は日曜、場所はフラジェーという有名なマルシェ(市場)周辺である。郊外から仕事で流入する自動車が少ないので、より地元の人が乗っているクルマがわかると考えたからである。ブリュッセロワ(ブリュッセル人)たちに怪しい目で見られながらも、ノートに「正」のしるしを付けて30分計測した結果は、以下のとおりである。
(動画撮影とは別の場所・時間帯に計測しているため、登場車種が違います)

・プジョー:12台
・フォルクスワーゲン、メルセデス・ベンツ:各10台
・ルノー:9台
・シトロエン:8台
・トヨタ:7台
・フォード:6台
・アウディ:4台
・オペル:3台
・ボルボ、BMW、シュコダ:各2台
・日産、三菱、ボルボ、セアト、BMW MINI、ヒュンダイ、スマート、マツダ、GMDATシボレー:各1台

公共駐車場を管理しているヴァンシ社(写真)や、街頭広告のJCデュコー社など、フランス系企業の名前を見かけることが多い。
第200回:【Movie】ベルギーとクルマ−大矢アキオ、捨て身の路上調査員「ブリュッセル編」

販売台数が如実に反映され、フランスおよびドイツ系メーカーはよく目にはいる。動画には懐かしい「プジョー505」まで写っている。
いっぽう見かける機会が極めて少なかったのはイタリア車だ。しかし「アルファ・ロメオ アルファ159」や「ブレラ」など、本国で一般ユーザーにあまりウケなかったモデルをきれいにして乗っているのを目にするたび、ベルギー人のイタリア車ファンの熱さを感じたのも事実だ。

1958年ブリュッセル万博のシンボル「アトミウム」の下で筆者近影。
第200回:【Movie】ベルギーとクルマ−大矢アキオ、捨て身の路上調査員「ブリュッセル編」

ワッフルと並ぶ名物とは

ところでブリュッセルには、ワッフルと並ぶ「名物」があるようだ。欧州ナンバーワンシェアの簡易カーナビメーカー「Tomtom」の最新統計によると、ブリュッセル市内全道路のうち、毎日渋滞している道の割合は38.9%に達し、ワルシャワ(38.1%)やロンドン(34.5%)を抜いて、欧州ワーストという。
市街の比較的穏やかな地域に滞在していて「そんなわけないだろう」と思っていたボクに一撃を食らわせたのは最終日、空港に向かうバスだった。
車内にはスーツを着た、日本でいう厚生年金加入者っぽい人が多い。国民年金な風体の人物はボクひとりだ。

街からわずか15kmの近さにもかかわらず所要時間40分と書いてある。ふたたび「そんなわけないだろう」と思ったら、大渋滞にはまりっぱなし。みるみるうちに40分を超えた。平均時速にすると22.5kmである。さきほどの厚生年金な人たちがドドーッと降りたのでボクも一緒に降りたら、空港のひとつ前のバス停だった。「NATO前」と書いてあった。空港直通バスかと思ったら、「空港が終点の路線バス」だったのだのだ。
泣く子も黙る北大西洋条約機構本部の職員も、渋滞に泣かされながらバス通勤しているのか。思わず同情してしまったボクであった。

(文と写真=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA)


【Movie】大矢アキオ、捨て身の路上調査員「ブリュッセル編」(その1)

【Movie】大矢アキオ、捨て身の路上調査員「ブリュッセル編」(その2)

(撮影・編集=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。