ノート、キューブ、ティーダに車内快適モデル

2011.06.30 自動車ニュース

「ノート」「キューブ」「ティーダ」に快適車内の特別仕様車

日産自動車は、「ノート」「キューブ」「ティーダ」の3車種それぞれに、特別仕様車「+プラズマ(プラスプラズマ)」を設定し、2011年6月30日に発売した。

今回の特別仕様車「+プラズマ」は、保湿・脱臭・除菌などの効果があるとされる「プラズマクラスター」搭載フルオートエアコンが与えられたモデルだ。

そのうち「キューブ」は、エアコン以外もグレードアップ。インディゴブルーのシート地や本革巻きステアリングホイール、メッキインナードアハンドルなどで内装が飾られ、インテリジェントキー、プッシュエンジンスターター、エンジンイモビライザーといった機能装備も追加される。

価格は、以下のとおり。(カッコ内はベースモデルとその差額)

ノート
・「15X SV+プラズマ」(「15X SV」+4万950円):133万9800円
・「15X FOUR SV+プラズマ」(「15X FOUR SV」+4万950円):154万6650円

キューブ
・「15X インディゴ+プラズマ」(「15X」−3150円):152万9850円
・「15X FOUR インディゴ+プラズマ」(「15X FOUR」−3150円):175万7700円

ティーダ
・「15M SV+プラズマ」(「15M」−7万8750円):159万6000円
・「15M FOUR SV+プラズマ」(「15M FOUR」−7万8750円):177万9750円

(webCG 関)

「ノート15X SV+プラズマ」
「ノート15X SV+プラズマ」
「キューブ15X インディゴ+プラズマ」
「キューブ15X インディゴ+プラズマ」
「ティーダ15M SV+プラズマ」
「ティーダ15M SV+プラズマ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第398回:凍った路面に強いのはどんなクルマ?
    「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」に参加して
    2017.2.11 エッセイ 2017年2月、長野県北佐久郡の女神湖で、「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」が開催された。雪でも氷でも問題なし! の4WDモデルから、いま話題の“新しいかたちの電気自動車”やスーパースポーツカーまでが勢ぞろい。滑る路面に強かったのはどんなクルマ?
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
ホームへ戻る