ノート、キューブ、ティーダに車内快適モデル

2011.06.30 自動車ニュース

「ノート」「キューブ」「ティーダ」に快適車内の特別仕様車

日産自動車は、「ノート」「キューブ」「ティーダ」の3車種それぞれに、特別仕様車「+プラズマ(プラスプラズマ)」を設定し、2011年6月30日に発売した。

今回の特別仕様車「+プラズマ」は、保湿・脱臭・除菌などの効果があるとされる「プラズマクラスター」搭載フルオートエアコンが与えられたモデルだ。

そのうち「キューブ」は、エアコン以外もグレードアップ。インディゴブルーのシート地や本革巻きステアリングホイール、メッキインナードアハンドルなどで内装が飾られ、インテリジェントキー、プッシュエンジンスターター、エンジンイモビライザーといった機能装備も追加される。

価格は、以下のとおり。(カッコ内はベースモデルとその差額)

ノート
・「15X SV+プラズマ」(「15X SV」+4万950円):133万9800円
・「15X FOUR SV+プラズマ」(「15X FOUR SV」+4万950円):154万6650円

キューブ
・「15X インディゴ+プラズマ」(「15X」−3150円):152万9850円
・「15X FOUR インディゴ+プラズマ」(「15X FOUR」−3150円):175万7700円

ティーダ
・「15M SV+プラズマ」(「15M」−7万8750円):159万6000円
・「15M FOUR SV+プラズマ」(「15M FOUR」−7万8750円):177万9750円

(webCG 関)

「ノート15X SV+プラズマ」
「ノート15X SV+プラズマ」 拡大
「キューブ15X インディゴ+プラズマ」
「キューブ15X インディゴ+プラズマ」 拡大
「ティーダ15M SV+プラズマ」
「ティーダ15M SV+プラズマ」 拡大

関連キーワード:
ノートキューブティーダ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 新世代の“働くクルマ”、「ホンダN-VAN」がデビュー 2018.7.12 自動車ニュース 本田技研工業は2018年7月12日、新型商用バン「N-VAN(エヌバン)」を発表した。同年7月13日に販売を開始する。同車はホンダの軽自動車「Nシリーズ」の5車種目となる新型車であり、シリーズ初の商用車である。
  • マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ/アテンザワゴンXD Lパッケージ【試乗記】 2018.7.12 試乗記 マツダの旗艦モデル「アテンザ」が、現行世代では過去最大といわれるほどの大幅改良を受けた。内外装のデザインや仕立てはもちろん、エンジン、ボディー、足まわりと、クルマを構成するあらゆる箇所がブラッシュアップされた最新モデルの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る