ノート、キューブ、ティーダに車内快適モデル

2011.06.30 自動車ニュース

「ノート」「キューブ」「ティーダ」に快適車内の特別仕様車

日産自動車は、「ノート」「キューブ」「ティーダ」の3車種それぞれに、特別仕様車「+プラズマ(プラスプラズマ)」を設定し、2011年6月30日に発売した。

今回の特別仕様車「+プラズマ」は、保湿・脱臭・除菌などの効果があるとされる「プラズマクラスター」搭載フルオートエアコンが与えられたモデルだ。

そのうち「キューブ」は、エアコン以外もグレードアップ。インディゴブルーのシート地や本革巻きステアリングホイール、メッキインナードアハンドルなどで内装が飾られ、インテリジェントキー、プッシュエンジンスターター、エンジンイモビライザーといった機能装備も追加される。

価格は、以下のとおり。(カッコ内はベースモデルとその差額)

ノート
・「15X SV+プラズマ」(「15X SV」+4万950円):133万9800円
・「15X FOUR SV+プラズマ」(「15X FOUR SV」+4万950円):154万6650円

キューブ
・「15X インディゴ+プラズマ」(「15X」−3150円):152万9850円
・「15X FOUR インディゴ+プラズマ」(「15X FOUR」−3150円):175万7700円

ティーダ
・「15M SV+プラズマ」(「15M」−7万8750円):159万6000円
・「15M FOUR SV+プラズマ」(「15M FOUR」−7万8750円):177万9750円

(webCG 関)

「ノート15X SV+プラズマ」
「ノート15X SV+プラズマ」
「キューブ15X インディゴ+プラズマ」
「キューブ15X インディゴ+プラズマ」
「ティーダ15M SV+プラズマ」
「ティーダ15M SV+プラズマ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】NEW 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • 第403回:神は細部に宿る
    「日産ノートe-POWER」に“技術の日産”の神髄を見た
    2017.4.15 エッセイ 不利と言われたシリーズ式ハイブリッドで、クラストップレベルの燃費性能を実現! 高い環境性能と他のモデルとは一線を画すドライブフィールをかなえた「日産ノートe-POWER」は、どのようにして誕生したのか? 開発者にエピソードを聞いた。
ホームへ戻る