トヨタ、路車間通信対応のカーナビを開発

2011.06.29 自動車ニュース

トヨタ、路車間通信対応のカーナビを開発

トヨタ自動車は2011年6月29日、ITS技術を活用した次世代の安全運転支援システム「DSSS」に対応するカーナビを開発したと発表した。2011年夏に発売する新型車に搭載される。

DSSSとは、警察庁が2011年7月から運用を開始する、インフラ協調型ITS(高度道路交通システム)のひとつ。道路側に設置された光ビーコンから信号や標識などの交通管制情報をクルマに送信、その情報をもとにカーナビで運転者に注意を喚起し、交通事故防止などを図るシステムだ。

今夏、新型車への採用が予定されるDSSS対応カーナビは、具体的には、「赤信号注意喚起」、「一時停止注意喚起」、「前方停止車両存在案内」、「わき道車両存在案内」、「信号待ち発進準備案内」の5つのサービスを提供する。

(webCG 曽宮)

赤信号注意喚起
赤信号の際に、ドライバーへ赤信号の通知を行う。さらに、赤信号の交差点にクルマが進入する可能性がある場合、注意喚起を行う。
トヨタ、インフラとの連携を実現するカーナビを開発
一時停止注意喚起
ドライバーへ一時停止規制交差点の存在を通知する。さらに、見落としなどで不停止の可能性がある場合、注意喚起を行う。
トヨタ、インフラとの連携を実現するカーナビを開発
前方停止車両存在案内
前方に停止・低速車両が存在する場合、ドライバーに通知する。
トヨタ、インフラとの連携を実現するカーナビを開発
わき道車両存在案内
わき道に車両が存在する場合、ドライバーに通知する。
トヨタ、インフラとの連携を実現するカーナビを開発
信号待ち発信準備案内
赤信号で停車の際に、赤信号の残り時間の目安を表示。また、青信号に変わる前のタイミングでドライバーに前方確認を促し、発信遅れの防止を支援する。
トヨタ、路車間通信対応のカーナビを開発

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。