【スペック】全長×全幅×全高=4520×1790×1490mm/ホイールベース=2700mm/車重=1550kg/駆動方式=FF/1.7リッター直4DOHC16バルブターボ(200ps/5000rpm、32.6kgm/1400rpm)/価格=458万円(テスト車=486万3500円/スカイドーム(サンルーフ)=12万6000円/Bカラー=15万7500円)

ランチア・デルタ 1.8ターボ16V(FF/6AT)【試乗記】

ダンナさんにも、スポーツマンにも 2011.06.28 試乗記 ランチア・デルタ 1.8ターボ16V(FF/6AT)
……486万3500円

1750ターボエンジンを搭載した「ランチア・デルタ」が上陸。日本導入モデルでは初となる、フィアットの最新エンジンの走りを試した。

“1750ユニット”を搭載

新生「デルタ」の最近一番のニュースといえば、あの“イチナナゴーマル”エンジンが搭載されて、アルファ・ロメオより先に日本に上陸したということだろう。“イチナナゴーマル(1750)”などと言っても、かなりのマニアでないとピンとこないと思う。なので、今回はそのへんから話を始めたいと思う。

1750とは排気量のことである。フィアットグループの同胞、アルファ・ロメオにとっては特にこだわりのある排気量で、かつてこの数字を冠したモデルが1930年代と60年代に登場し、いずれもマニアには名車の誉れが高い(レースでの活躍が背後にある)。その“栄光のネーム”がヨーロッパのダウンサイジングの波に乗り、2009年の春によみがえった。アルファ・ロメオの「159」「ブレラ」「スパイダー」、そして新型「ジュリエッタ」にも搭載されて、あちらではガソリンエンジンのラインナップの主役を演じている。しかしどうしたことか、日本には未導入のままだ。

そのエンジンが同じフィアットグループの「ランチア・デルタ」にも載り、まずはそっちの販売がガレーヂ伊太利屋によって始まった。今回試乗したのは、まさにその仕様である(車名は「1.8」だが、排気量は正確には1742ccだ)。200psと32.6kgmというピーク値は、あちらの「アルファ・ロメオ159 1750TBi」なんかと同じ。だからデルタに乗れば、まだ見ぬ1750アルファの感触ぐらいは同時に味わえるはずである。
いざ、運転席に着く。エンジンをスタートさせると、軽やかさが気持ちよかった1.4ターボとはまたひと味違った骨太な脈動が伝わってきた。

テスト車にはレザーとアルカンターラのコンビネーションシートが装着されていたが、ポルトローナフラウのレザーシートを選ぶこともできる。
ランチア・デルタ 1.8ターボ 16V(FF/6AT)【短評】
1742ccの直4ターボエンジンはシリーズ最強の200psを発生する。フィアット・パワートレイン・テクノロジー社が開発し、アルファ・ロメオには「1750」という懐かしの車名とともに搭載される。
ランチア・デルタ 1.8ターボ 16V(FF/6AT)【短評】
1.4ターボでは17インチだったホイールが、1.8ターボでは18インチになる。
ランチア・デルタ 1.8ターボ 16V(FF/6AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る