「プジョー308」シリーズがマイナーチェンジ

2011.06.27 自動車ニュース

「プジョー308」シリーズがマイナーチェンジ

プジョー・シトロエン・ジャポンは、ミディアムモデル「308」「308SW」「308CC」をマイナーチェンジし、2011年7月1日に発売する。

今回のマイナーチェンジでは、外装デザインの変更のほか、装備とモデルラインナップの見直しが行われた。

エクステリアでは、フロントグリルが浮いているように見える「フローティンググリル」が「508」に次いで採用された。フロントボンネットのノーズの張り出しが抑えられ、LEDポジションランプがフォグランプ周りに加わったことも新しい。

5ドアハッチバックモデルのリアゲートには水平なクロームラインを追加。「PEUGEOT」のロゴはライオンエンブレムの下に移動された。さらにリアバンパーは、ライセンスプレートの両サイドにディフューザー風デザインが採用され、従来は「Cielo」のみに装備されていたスポーツリアバンパーも全グレード標準とされた。
308SWでは、ライセンスプレート上部のゲートハンドルがボディカラー同色となるのが、新型の識別点だ。

装備面では、新デザインのアロイホイールが2種類追加された(計5種類)ほか、スポーツタイプリアバンパー(5ドアハッチバックモデル)、バイキセノンディレクショナルヘッドライト(308CC)など、さまざまな装備が追加採用された。
いずれのモデルもパワートレインなど機関面の変更は行われていない。

上記追加装備がありながらも、車両価格は以下の通り。従来据え置き、もしくは値下げとなる。

・308 Style(4AT)ファブリック内装:254万円
・308 Premium(6MT)ファブリック内装:269万円
・308 Premium(6AT)ファブリック内装:279万円
・308 Cielo(6AT)ファブリック&レザー内装:309万円
・308 Cielo(6AT)レザー内装:329万円(20万円安)※従来はインテグラルレザー内装
・308SW Premium(6AT)ファブリック内装:299万円
・308SW Premium(6AT)レザー内装:349万円(6万円安)
・308CC Premium(6AT)ファブリック内装:399万円(新設定)
・308CC Griffe(6AT)レザー内装:420万円
・308CC Griffe(6AT)インテグラルレザー内装:440万円(20万円安)
カッコ内の金額は従来モデル比

(webCG 本諏訪)

「308SW Premium」
「308SW Premium」
「308 Premium」
「308 Premium」
「308CC Griffe」
「308CC Griffe」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308シエロ(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2015.9.25 試乗記 ヨーロッパでは「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の強力なライバルを演じる「プジョー308」に試乗。装備内容から機能性、実用性、走り、そして実用燃費までをチェックするwebCG恒例の「ブリーフテスト」を実施し、その実力を探った。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • プジョー308 GTライン(FF/6AT)【試乗記】 2015.9.4 試乗記 プジョーのCセグメントモデル「308」に、18インチアルミホイールや専用デザインの外装パーツなどが特徴の新グレード「GTライン」が登場。“しなやかさ”が魅力とされる308の足まわりと、225/40ZR18という偏平タイヤが織り成す走りをリポートする。
ホームへ戻る