プジョー、「207」シリーズの仕様・装備を変更

2011.06.27 自動車ニュース
「プジョー207 Style」
プジョー、「207」シリーズの仕様・装備を変更

プジョー、「207」シリーズの仕様・装備を変更

プジョー・シトロエン・ジャポンは、「207」シリーズの仕様・装備を見直すとともにモデルラインナップを変更し、2011年7月1日に発売すると発表した。

「プジョー207SW Style」
「207」シリーズのボディカラーは、新色の「オアシス・ブルー」、「モレロ・ブラック」を含む全9色が用意される。
プジョー、「207」シリーズの仕様・装備を変更

2007年に日本に導入された「プジョー207」シリーズは、ハッチバック、ステーションワゴンの「SW」、クーペカブリオレの「CC」の3種類のボディバリエーションをもつ。このうち今回小変更を受けたのは、ハッチバックとSWの2モデルだ。

ハッチバックは、エントリーグレード「Style」の装備充実が注目のポイント。エクステリアには、アルミ調のフロントグリル、フォグランプ、ボディカラー同色のクロームストリップ入りサイドモールが、インテリアには革巻きステアリングホイールが新たに追加され、内外装の質感アップが図られた。ESPも標準搭載となる。価格は従来モデルから据え置きの設定。

また「Cielo」は、シート素材が従来のハーフレザーからファブリックと人工皮革を組み合わせた素材へと変更されたほか、パノラミックガラスルーフが新たに採用され、価格は従来モデル比20万円安に設定された。スポーティグレードの「GT」は、革巻きスポーツステアリングホイールを装備するほか、ホイールデザインなどを変更。価格は従来比6万円安の設定とされた。グレードは従来の「Premium」がなくなり、「Style」「Cielo」「GT」の3グレード構成となった。

SWには、新たにエントリーグレードの「Style」が追加された。上位グレードの「Premium」は、アルミ調のフロントグリル、ファブリック&人工皮革を組み合わせたシート素材が採用され、価格が従来モデルより9万円安く設定された。

なお、パワートレインに変更はなく、「GT」は1.6リッターターボ(156ps、24.5kgm)と6段MTが搭載され、その他のモデルでは、1.6リッターNA(120ps、16.3kgm)に4段ATが組み合わされる。

207シリーズの価格は、以下の通り。

・207 Style(ファブリック内装):199万円
・207 Cielo(ファブリック/人工皮革内装):229万円
・207GT(ファブリック/人工皮革内装):260万円
・207SW Style(ファブリック内装):225万円
・207SW Premium(ファブリック/人工皮革内装):245万円
・207CC Premium(ファブリック内装):299万円
・207CC Griffe(インテグラルレザー内装):334万円

(webCG 曽宮)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308シエロ(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2015.9.25 試乗記 ヨーロッパでは「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の強力なライバルを演じる「プジョー308」に試乗。装備内容から機能性、実用性、走り、そして実用燃費までをチェックするwebCG恒例の「ブリーフテスト」を実施し、その実力を探った。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • プジョー308 GTライン(FF/6AT)【試乗記】 2015.9.4 試乗記 プジョーのCセグメントモデル「308」に、18インチアルミホイールや専用デザインの外装パーツなどが特徴の新グレード「GTライン」が登場。“しなやかさ”が魅力とされる308の足まわりと、225/40ZR18という偏平タイヤが織り成す走りをリポートする。
ホームへ戻る