第6回:殺し屋から身を隠すには、目立たないクルマを選ぼう
『ラストターゲット』

2011.06.27 エッセイ

第6回:殺し屋から身を隠すには、目立たないクルマを選ぼう 『ラストターゲット』

名前のせいで売れなかったクルマ?

フィンランドで連立政権が成立し、新首相が決まった。ユルキ・カタイネン氏である。われわれ日本人は、この報道に接してなぜか心穏やかではいられない。そういえば、フィンランドには以前アホさんという首相もいた。ガーナの元サッカー協会会長ニャホニャホタマクロー氏は、今どうしているだろうか。

バヌアツのエロマンガ島、インドネシアのキンタマーニ、オランダのスケベニンゲンなどの地名も、心を揺さぶる力がある。名前には何の罪もないのだけれど、発音するのがはばかられる。クルマにも、そういうモデルがあった。「フィアット・テンプラ」である。1990年から1996年まで作られたモデルだが、名前の響きが災いしたのか、日本では1992年から93年の2年間しか販売されなかった。つづりは「tempra」なので「テムプラ」と表記していたが、あまり効果はなかったようだ。

ジョージ・クルーニーの新作『ラストターゲット』では、このテンプラが活躍する。映画に登場するクルマにはタイアップの気配が漂うことが往々にしてあるが、この映画に限っては、それはなさそうだ。この記事に使うために、配給会社に頼んでテンプラの全体が写った写真を探してもらったのだが、一枚も見つからなかった。クルーニーの顔の向こうに背景として一部が写りこんでいるだけで、これを見て車名を当てることができたら相当なマニアだろう。

©2010 FOCUS FEATURES LLC.
©2010 FOCUS FEATURES LLC.

第6回:殺し屋から身を隠すには、目立たないクルマを選ぼう − 『ラストターゲット』の画像
第6回:殺し屋から身を隠すには、目立たないクルマを選ぼう − 『ラストターゲット』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。