【スペック】全長×全幅×全高=4990×1910×1430mm/ホイールベース=2915mm/車重=1920kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブスーパーチャージャー付き(300ps/5250-6500rpm、44.9kgm/2900-4500rpm)/価格=879万円(テスト車=1014万円/バング&オルフセンアドバンスドサウンドシステム=84万円/LEDヘッドライト=30万円/電動チルト式2ウェイガラスサンルーフ=21万円)

アウディA7スポーツバック 3.0TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】

活動的な芸術家に 2011.06.27 試乗記 アウディA7スポーツバック 3.0TFSIクワトロ(4WD/7AT)
……1014万円

“4ドアクーペ”を名乗る、大きなボディの新型アウディ「A7スポーツバック」は、どんなクルマなのか? 高速から峠まで、その実力を試した。

興味をそそるプロフィール

「A6」ベースの大型4ドアクーペが「A7スポーツバック」である。ひと足先に出た「A5スポーツバック」の兄貴分だ。
このシリーズは、「耽美(たんび)派高級5ドア・ハッチバック」とも言うべきアウディの“スポーツバック・コンセプト”を製品化したものである。かなりのニッチ商品に思えるのに、最初からこんなに品ぞろえを広げて大丈夫なんだろうか。この先、「A9スポーツバック」も出るのだろうか。なんて野次馬的興味も沸くが、とにかく最近のアウディのバイタリティには目を見張る。

A6ベースとはいっても、A7スポーツバックのボディは堂々たるフルサイズである。全長は5m。全幅も1.9mを超す。デカさではA6よりも「A8」に近く、A5スポーツバック(全長4710mm、全幅1855mm)と間違われる心配はなさそうだ。
クワトロ・システムと組み合わされるパワーユニットは、スーパーチャージャー付きの3リッターV6+7段Sトロニック。本国でもガソリンモデルはこのエンジンがいちばん大きい。

“スポーツバック”という、若々しくて軽快なサブネームを持ちながら、ボディは5m級のフルサイズ。しかし、エンジンはフォルクスワーゲングループのトレンドに従った“ダウンサイジング済”の3リッター。意外性に満ちた新型アウディの“走り”やいかにと路上に出ると、背筋がゾクゾクッとした。

ハッチバックスタイルの「A7スポーツバック」。「クーペのエモーション、セダンの快適性とプレステージ性、アバント(ワゴン)の実用性を融合したクルマ」とアウディはうたう。
ハッチバックスタイルの「A7スポーツバック」。「クーペのエモーション、セダンの快適性とプレステージ性、アバント(ワゴン)の実用性を融合したクルマ」とアウディはうたう。
インテリアの様子。ダッシュボード上端から左右へと回り込むベルトライン(ラップアラウンド)と、波型に配される前方のパネル類がデザイン上の特徴となっている。
インテリアの様子。ダッシュボード上端から左右へと回り込むベルトライン(ラップアラウンド)と、波型に配される前方のパネル類がデザイン上の特徴となっている。
アウディA7スポーツバック 3.0TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A7スポーツバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • 【ジュネーブショー2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を世界初公開 2017.3.8 自動車ニュース 独アウディがジュネーブショーで高性能スポーツクーペの新型「RS 5クーペ」を発表した。エンジンには新開発の2.9リッターV6ツインターボを搭載しており、0-100km/h加速が 3.9秒、最高速が280km/hという動力性能を実現している。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る