第8戦ヨーロッパGP決勝結果【F1 2011 速報】

2011.06.26 自動車ニュース

【F1 2011 速報】第8戦ヨーロッパGP、ベッテル独走で今季6勝目

F1世界選手権第8戦ヨーロッパGP決勝が、2011年6月26日、スペインのバレンシア市街地コース(5.419km)を57周して行われた。

レッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテルが、昨年同様にポールポジションから独走し優勝、今シーズン6勝目、自身通算16勝目を飾った。

2位はフェラーリのフェルナンド・アロンソ。最後のピットストップのタイミングでマーク・ウェバーのレッドブルから2位の座を奪うことに成功し、つめかけた母国ファンを喜ばせた。
ウェバーは、フロントロースタートから3位でゴール。アロンソに抜かれた後、ギアボックス不調でペースを抑えてのポディウムフィニッシュとなった。

マクラーレン・メルセデス勢はレッドブル、フェラーリに歯が立たず。タイヤに手を焼いたルイス・ハミルトンは4位、5位に入ったフェラーリのフェリッペ・マッサを間にはさみ、前戦カナダのウィナー、ジェンソン・バトンがKERSを失いながら6位でチェッカードフラッグを受けた。

メルセデスのニコ・ロズベルグが7位、ライバルより1回少ない2ストップで乗り切ったトロロッソ・フェラーリのハイメ・アルグエルスアリが8位入賞を果たした。フォースインディア・メルセデスのエイドリアン・スーティルが9位、ルノーのニック・ハイドフェルドは10位でレースを終え、ポイントを獲得した。

以下、11位セルジオ・ペレス(ザウバー・フェラーリ)、12位ルーベンス・バリケロ(ウィリアムズ・コスワース)、13位セバスチャン・ブエミ(トロロッソ)、14位ポール・ディ・レスタ(フォースインディア)、15位ビタリー・ペトロフ(ルノー)、16位小林可夢偉(ザウバー)、17位ミハエル・シューマッハー(メルセデス)、18位パストール・マルドナド(ウィリアムズ)、19位ヘイキ・コバライネン(ロータス・ルノー)、20位ヤルノ・トゥルーリ(ロータス)、21位ティモ・グロック(ヴァージン・コスワース)、22位ジェローム・ダンブロジオ(ヴァージン)、23位ビタントニオ・リウッツィ(HRTコスワース)、24位ナレイン・カーティケヤン(HRT)と、出走した全車が完走した。

またも25点を加算し186点としたベッテルが、レース同様チャンピオンシップを独走中。同点の2位バトン、3位ウェバーとの間には77点ものギャップができた。ハミルトンは97点で4位、アロンソは87点で5位につける。
コンストラクターズランキングは、1位レッドブルが295点、2位マクラーレン206点、3位フェラーリ129点、4位ルノー61点、5位メルセデス58点というトップ5である。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。