クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4785×1820×1530mm/ホイールベース=2710mm/車重=1470kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ(122ps/5000rpm、20.4kgm/1500-4000rpm)/価格=346万円(テスト車=397万4500円)

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSIコンフォートライン(FF/7AT)【ブリーフテスト】

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSIコンフォートライン(FF/7AT) 2011.06.26 試乗記 ……397万4500円
総合評価……★★★★
1.4リッターターボエンジンを搭載して生まれ変わった「フォルクスワーゲン・パサート」。その走りと使い勝手をワゴンモデルで試した。
新型「パサート」のフロントマスクは、先代モデルに比べてシャープな印象に。オプションのバイキセノンヘッドランプには、15個のLEDで構成されるポジションランプも備わる。
フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSIコンフォートライン(FF/7AT)【ブリーフテスト】

本気の実用ワゴン

丸みを帯びて豪華なフロントマスクから、直線的で実直な顔つきになった新型「パサート」。初代や2代目「ゴルフ」で「ドイツ車のよさ」をたたき込まれた世代には、うれしいフェイスリフト……否! フルモデルチェンジである。シャシーほか骨格類は基本的に先代のそれを継続使用。しかしコンセプトは一変。3.6リッターまでそろえた6代目と異なり、7代目は1.4リッター直4ターボから販売をスタートする。世界的に求められる省燃費への対応はもとより、ことにエネルギー消費抑制に躍起になっている中国政府と、しかしドンガラの大きなクルマを好むかの地のユーザーをにらんだ販売政策といえよう。

ニューパサートの、スペックから推測される動力性能は旧1.8リッターターボに及ばないが、低回転域から十分なトルクを供給する過給器付きエンジンと、ギアごとに駆動力を直接クラッチで伝える多段DSGのメリットを生かし、ドライバーに痛痒(つうよう)を感じさせない。4気筒パサート最大の敵は、ドライブフィールへの不安ではなく、「1.4リッターなのに350万円!」と驚く、日本の消費者の常識かもしれない。

注目の記事PR
注目の記事一覧へ

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
初代パサートが登場したのは、1973年。リアエンジン・リアドライブを採る「ビートル」からの脱却に四苦八苦していたフォルクスワーゲンが、NSU由来の「K70」に続き、アウディのコンポーネンツを活用して開発したフロントエンジン・フロントドライブの意欲作であった。ビートルからバトンを渡されたゴルフは、一般的なエンジン横置の前輪駆動だったが、上級車種たるパサートは2代目もエンジン縦置きを継続。ゴルフベースとなった3、4代目、そして6代目は、エンジンを横置きした。7代目にあたる新型は、機関面は旧型を踏襲しつつ、ボディスタイルを一新したモデル。セダンとワゴン(ヴァリアント)がある。
7代目にあたる新型は、2010年のパリサロンでデビューを果たし、翌2011年5月30日から、日本での販売が始まった。機関面は旧型を踏襲しつつ、ボディスタイルを一新したモデル。セダンとワゴン(ヴァリアント)があり、いずれも動力系は、「1.4リッター直4ターボ+7AT(DSG)」の一種類。

(グレード概要)
セダン、ワゴンともに、ベーシックな「コンフォートライン」と、革内装、リアビューカメラ、上級オーディオ、大径ホイールなど、装備をおごった「ハイライン」の2グレードが設定される。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
大フォルクスワーゲンのフラッグシップにふさわしく、やや豪華路線に振った先代モデルの余韻が残る室内。2段式になったダッシュボード、フラットなセンターコンソールなど造形は旧型のままだが、ハザードボタンがディスプレイの下に移され、かわりに四角い時計が設けられた。各種操作ボタンが埋め込まれたハンドルもバージョンアップ!? 試乗車のコンフォートラインは質素なアルミパネル。いかにも実務的で、いかにもパサートらしい。上級版ハイラインは横長のウッド調パネルが用いられ、印象が変わる。

(前席)……★★★
これまた「パサートらしい」ともいえるアッサリしたファブリックシート。ざっくりした触感。硬めの座り心地。小柄な人には、ちょっとばかり平板に過ぎるか。背もたれの角度や腰まわりの膨らみ度合いは電動で調整できるが、前後は手動。助手席側は“全”手動。助手席の側面に備わるダイヤル式のリクライニングが、ちょっと懐かしい。個人的には質実剛健で好ましいが、「約350万円のクルマでこの装備か……」と驚く人がいることも理解できる。

(後席)……★★★★
室内空間の広さは、伝統的なパサートの美点。サイズが大きくなった6代目の寸法をほぼそのまま引き継いだ新型のリアシートも、居住性に不満はない。大きくしっかりしたヘッドレストも安心感が高い。センターのアームレストを出して隔壁を倒し、荷室と貫通することも可能だ。スキーなどの長いモノを積むときに便利。

(荷室)……★★★★
ガランと大きなラゲッジルーム。左右に小さな小物入れが備わる。後席の背もたれは、6:4の分割可倒式で、積み込む荷物の容量に合わせて調整可能だ。トランク側からレバーを引けば、そのまま倒せる。また、リアシートの座面を前に落としてから背もたれを倒すダブルフォールディング式を採るので、さらなる容量拡大もできる。が、シートはガッチリしたジャーマンな(!?)つくりで、重いので、アレンジはなかなか大変。

ブラックを基調としたインテリア。本革巻き3本スポークステアリングホイール&シフトノブは標準装備だが、テスト車のオーディオコントロール付きステアリングは、オプション。
ブラックを基調としたインテリア。本革巻き3本スポークステアリングホイール&シフトノブは標準装備だが、テスト車のオーディオコントロール付きステアリングは、オプション。 拡大
「コンフォートライン」のファブリックシートはブラックのみ。運転席には、2ウェイ電動調整機構と電動ランバーサポートが備わる。
「コンフォートライン」のファブリックシートはブラックのみ。運転席には、2ウェイ電動調整機構と電動ランバーサポートが備わる。 拡大
 
フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSIコンフォートライン(FF/7AT)【ブリーフテスト】の画像 拡大
5人乗車時で603リッターのスペースを確保するパサートヴァリアントの荷室。後席を倒すことで最大1731リッターにまで拡大することができる。キャビンへの荷物の進入を防ぐ、ラゲッジネットパーテーションも標準装備される。
(写真をクリックするとシートアレンジが見られます)
5人乗車時で603リッターのスペースを確保するパサートヴァリアントの荷室。後席を倒すことで最大1731リッターにまで拡大することができる。キャビンへの荷物の進入を防ぐ、ラゲッジネットパーテーションも標準装備される。
	(写真をクリックするとシートアレンジが見られます) 拡大

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★★
直噴ターボと7段DSGを組み合わせた7代目パサートは、同じエンジン&トランスミッションを積むゴルフより、車重が200kg近く重いにもかかわらず、ゴルフの16.4km/リッターに対し18.4km/リッターとカタログ燃費が上まわる。その種明かしは、アイドリングストップ機能を搭載した「ブルーモーションテクノロジー」。止まるたびに、律儀にエンジンを切ってくれる。そのほか、ブレーキを踏むとオルタネーターを介してバッテリーをチャージする機能も併せ持つ。パサートの燃費がゴルフのそれを上まわるのは、おそらく「ブルーモーションテクノロジー」がゴルフに導入されるまでの逆転現象であろう。走行距離まだ2600kmのテスト車では、アイドリングのストップ&再始動は、スムーズで確実。赤信号で止まるたびに得した気分になるから不思議だ。

(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
高いクオリティを実感させながら、「運転している感」を失わないのがフォルクスワーゲン車のいいところ。最新のフラッグシップも例外ではなく、4気筒らしいビートを軽く響かせながら加速するのが、楽しく頼もしい。乗り心地は、やはりフォルクスワーゲン車に共通するもの。足はやや硬めで、市街地では「もてなしが足りない」と思うが、高速道路ではスムーズで快適。広い室内、大きな荷室を生かし、西へ東へ、実用ワゴンとして本気で使うヒト向け。それでこそ、燃費のよさも生きてくる。

(写真=菊池貴之)

【テストデータ】

報告者:青木禎之
テスト日:2011年6月7日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2011年型
テスト車の走行距離:2100km
オプション装備:AVナビ「RNS510」=35万7000円/バイキセノンヘッドランプ=15万7500円
タイヤ:(前)215/55R16(後)同じ
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1):高速道路(7):山岳路(2)
テスト距離:297.2km
使用燃料:22.86リッター
参考燃費:13.0km/リッター

関連キーワード:
パサートヴァリアントフォルクスワーゲン試乗記

あなたにおすすめの記事