日産エクストレイルの特別仕様車「20Xt」発売

2011.06.22 自動車ニュース

日産、「エクストレイル」の特別仕様車「20Xt」を発売

日産自動車は2011年6月21日、SUV「エクストレイル」の特別仕様車「20Xt」を発売した。また、日産自動車の関連会社オーテックジャパンは、同車をベースとした特別仕様車「20Xt エクストリーマーX」を追加設定し、同日発売した。

エクストレイル 20Xt

「エクストレイル20Xt」は、2リッター直4エンジン+CVTの「20X」をベースに、通常オプション設定となるキセノンヘッドランプやハイパールーフレールを標準装備。さらに、ディーゼルモデル「20GT」専用装備であった18インチタイヤ&アルミホイールが装着される。

価格は、ベース車より9万9750円アップの、233万9400円(FF車)と254万9400円(4WD車)。

エクストレイル 20Xt エクストリーマーX

オーテックジャパンが製作する「エクストリーマーX」は、「エクストレイル」のタフギアとしてのイメージをより強調したモデル。(プレスリリース)
「エクストレイル 20Xt」(4WD車)をベースに、オフロード走行時などに車体下部を保護するフロントオーバーライダーやフロント/リアアンダーカバー、サイドガードモールなどの特別装備を付与。さらに、専用の大型フォグランプが装備される。

ボディカラーは、バーニングレッド、ダイヤモンドブラック、ブリリアントホワイトパール、ブリリアントシルバー、ヒマラヤンカーキの5色を用意。

価格は、ベース車より16万8000円アップの271万7400円。

(webCG ワタナベ)

「日産エクストレイル 20Xt」
「日産エクストレイル 20Xt」
「エクストリーマーX」
(写真のホイールは「20X」のもの)
「エクストリーマーX」(写真のホイールは「20X」のもの)
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る