日産エクストレイルの特別仕様車「20Xt」発売

2011.06.22 自動車ニュース

日産、「エクストレイル」の特別仕様車「20Xt」を発売

日産自動車は2011年6月21日、SUV「エクストレイル」の特別仕様車「20Xt」を発売した。また、日産自動車の関連会社オーテックジャパンは、同車をベースとした特別仕様車「20Xt エクストリーマーX」を追加設定し、同日発売した。

エクストレイル 20Xt

「エクストレイル20Xt」は、2リッター直4エンジン+CVTの「20X」をベースに、通常オプション設定となるキセノンヘッドランプやハイパールーフレールを標準装備。さらに、ディーゼルモデル「20GT」専用装備であった18インチタイヤ&アルミホイールが装着される。

価格は、ベース車より9万9750円アップの、233万9400円(FF車)と254万9400円(4WD車)。

エクストレイル 20Xt エクストリーマーX

オーテックジャパンが製作する「エクストリーマーX」は、「エクストレイル」のタフギアとしてのイメージをより強調したモデル。(プレスリリース)
「エクストレイル 20Xt」(4WD車)をベースに、オフロード走行時などに車体下部を保護するフロントオーバーライダーやフロント/リアアンダーカバー、サイドガードモールなどの特別装備を付与。さらに、専用の大型フォグランプが装備される。

ボディカラーは、バーニングレッド、ダイヤモンドブラック、ブリリアントホワイトパール、ブリリアントシルバー、ヒマラヤンカーキの5色を用意。

価格は、ベース車より16万8000円アップの271万7400円。

(webCG ワタナベ)

「日産エクストレイル 20Xt」
「日産エクストレイル 20Xt」
「エクストリーマーX」
(写真のホイールは「20X」のもの)
「エクストリーマーX」(写真のホイールは「20X」のもの)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクストレイルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産エクストレイル20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】 2014.2.12 試乗記 デザインも走りも一新した新型「日産エクストレイル」。好評だった初代、2代目の路線に別れを告げ、新境地に乗り出した3代目の実力を試した。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る