ジープ・ラングラーにゲームとのコラボモデル

2011.06.21 自動車ニュース
「ジープ・ラングラー ルビコン Call of Duty」
ジープ・ラングラーにゲームとのコラボモデル

「ジープ・ラングラー ルビコン」にゲームソフトとのコラボモデルが登場

クライスラー日本は2011年6月27日に、特別仕様車「ジープ・ラングラー ルビコン Call of Duty(コール・オブ・デューティ)」を発売する。


ジープ・ラングラーにゲームとのコラボモデル

「ジープ・ラングラー ルビコン Call of Duty」は、人気のゲームソフト『Call of Duty』とのコラボレーションにより生まれた特別仕様車だ。

ベースとなるのは、「ジープ・ラングラー」シリーズのなかでもオフロード走破性に優れるとされる、2ドアの「ルビコン」。
ブラッククリアコートのボディに、ブラックのフューエルフィラードアやテールランプガードが組み合わされ、さらにフルメタルドア、ミネラルグレーカラーの17インチアルミホイール、専用デカールなどで『Call of Duty』の世界観を表すドレスアップが施される。3ピースのモジュラーハードドップも備わる。

価格は、388万円。ハンドル位置は右のみとなる。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラングラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る