BMW、1シリーズクーペ&カブリオレを一部改良

2011.06.20 自動車ニュース

BMW、「1シリーズクーペ&カブリオレ」をフェイスリフト

BMWジャパンは2011年6月20日、「BMW1シリーズクーペ」「BMW1シリーズカブリオレ」に小変更を施し、発売した。

今回のマイナーチェンジでは、ヘッドライト上部へのLEDアクセントラインの追加やリアコンビネーションランプのレイアウト変更など“光り物”の意匠変更により、昼夜を問わずその違いがわかるデザインとされた。

またフロントエプロンには、BMW車として初めて、「エアカーテン」と名付けられるエアロダイナミクス機能が採用された。これはフロントエプロン左右両端のエアインテークから取り込まれた空気をフロントホイールアーチに放出することで、ホイールとその周辺に起きる乱気流を抑え、空気抵抗を低減するというもの。走行安定性と燃費を向上させる効果があるという。

装備の充実も図られ、「120iクーペ」「120iカブリオレ」にはシフトパドルとETC車載器が、「135iクーペ」には外部携帯オーディオプレーヤーの接続を可能とする「USBオーディオインターフェイス」が標準装備とされた。さらに全車にヘッドライトウォッシャーが標準装備された。

各モデルの価格は以下のとおり。

・120iクーペ(6AT):395万円
・135iクーペ(6MT/7DCT):565万円/579万円
・120iカブリオレ(6AT):459万円

(webCG 曽宮)

「BMW1シリーズクーペ/カブリオレ」
「BMW1シリーズクーペ/カブリオレ」 拡大
LEDライトエレメントが追加された新デザインのヘッドライト。
LEDライトエレメントが追加された新デザインのヘッドライト。 拡大
リアコンビネーションランプもデザイン変更された。
リアコンビネーションランプもデザイン変更された。 拡大

BMW、1シリーズクーペ&カブリオレを一部改良の画像 拡大

関連キーワード:
1シリーズBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.20 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」に、ワゴンボディーを持つ派生モデル「スポーツツーリスモ」が登場。テストに供されたのは、最高出力550psを誇るトップパフォーマンスモデル。最高速300km/hオーバーのスペシャルなワゴンの実力とは!?
ホームへ戻る