BMW、1シリーズクーペ&カブリオレを一部改良

2011.06.20 自動車ニュース

BMW、「1シリーズクーペ&カブリオレ」をフェイスリフト

BMWジャパンは2011年6月20日、「BMW1シリーズクーペ」「BMW1シリーズカブリオレ」に小変更を施し、発売した。

今回のマイナーチェンジでは、ヘッドライト上部へのLEDアクセントラインの追加やリアコンビネーションランプのレイアウト変更など“光り物”の意匠変更により、昼夜を問わずその違いがわかるデザインとされた。

またフロントエプロンには、BMW車として初めて、「エアカーテン」と名付けられるエアロダイナミクス機能が採用された。これはフロントエプロン左右両端のエアインテークから取り込まれた空気をフロントホイールアーチに放出することで、ホイールとその周辺に起きる乱気流を抑え、空気抵抗を低減するというもの。走行安定性と燃費を向上させる効果があるという。

装備の充実も図られ、「120iクーペ」「120iカブリオレ」にはシフトパドルとETC車載器が、「135iクーペ」には外部携帯オーディオプレーヤーの接続を可能とする「USBオーディオインターフェイス」が標準装備とされた。さらに全車にヘッドライトウォッシャーが標準装備された。

各モデルの価格は以下のとおり。

・120iクーペ(6AT):395万円
・135iクーペ(6MT/7DCT):565万円/579万円
・120iカブリオレ(6AT):459万円

(webCG 曽宮)

「BMW1シリーズクーペ/カブリオレ」
「BMW1シリーズクーペ/カブリオレ」
LEDライトエレメントが追加された新デザインのヘッドライト。
LEDライトエレメントが追加された新デザインのヘッドライト。
リアコンビネーションランプもデザイン変更された。
リアコンビネーションランプもデザイン変更された。

BMW、1シリーズクーペ&カブリオレを一部改良の画像

関連キーワード:
1シリーズBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • ボルボがコンパクトSUV「XC40」の受注をスタート 2018.1.26 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2018年1月26日、新型コンパクトSUV「XC40」の限定車「XC40 T5 AWD R-Designファーストエディション」の予約注文受け付けを開始した。限定台数は300台で、発表と発売は同年3月を予定している。
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る