BMW、1シリーズクーペ&カブリオレを一部改良

2011.06.20 自動車ニュース

BMW、「1シリーズクーペ&カブリオレ」をフェイスリフト

BMWジャパンは2011年6月20日、「BMW1シリーズクーペ」「BMW1シリーズカブリオレ」に小変更を施し、発売した。

今回のマイナーチェンジでは、ヘッドライト上部へのLEDアクセントラインの追加やリアコンビネーションランプのレイアウト変更など“光り物”の意匠変更により、昼夜を問わずその違いがわかるデザインとされた。

またフロントエプロンには、BMW車として初めて、「エアカーテン」と名付けられるエアロダイナミクス機能が採用された。これはフロントエプロン左右両端のエアインテークから取り込まれた空気をフロントホイールアーチに放出することで、ホイールとその周辺に起きる乱気流を抑え、空気抵抗を低減するというもの。走行安定性と燃費を向上させる効果があるという。

装備の充実も図られ、「120iクーペ」「120iカブリオレ」にはシフトパドルとETC車載器が、「135iクーペ」には外部携帯オーディオプレーヤーの接続を可能とする「USBオーディオインターフェイス」が標準装備とされた。さらに全車にヘッドライトウォッシャーが標準装備された。

各モデルの価格は以下のとおり。

・120iクーペ(6AT):395万円
・135iクーペ(6MT/7DCT):565万円/579万円
・120iカブリオレ(6AT):459万円

(webCG 曽宮)

「BMW1シリーズクーペ/カブリオレ」
「BMW1シリーズクーペ/カブリオレ」
LEDライトエレメントが追加された新デザインのヘッドライト。
LEDライトエレメントが追加された新デザインのヘッドライト。
リアコンビネーションランプもデザイン変更された。
リアコンビネーションランプもデザイン変更された。

BMW、1シリーズクーペ&カブリオレを一部改良の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
ホームへ戻る