【スペック】全長×全幅×全高=4615×1775×1600mm/ホイールベース=2780mm/車重=1500kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(99ps/5200rpm、14.5kgm/4000rpm)+交流同期電動機(82ps、21.1kgm)/価格=330万5000円(テスト車=400万7450円)

トヨタ・プリウスα Gツーリングセレクション スカイライトパッケージ(FF/CVT)【ブリーフテスト】

トヨタ・プリウスα Gツーリングセレクション スカイライトパッケージ(FF/CVT) 2011.06.19 試乗記 ……400万7450円
総合評価……★★★★

ついに登場したワゴン版プリウスこと「プリウスα」。実際「プリウス」とは、どんなふうに違うのか? その走りと使い勝手を試した。

遅れてきた主役

「プリウスα」の受注が、発売から約1カ月(6月12日時点)で約5万2000台となったそうだ。相変わらずハイブリッド車は人気がある。いや、正確にはハイブリッド車の人気ではなく、「プリウス」の人気が高いと言い換えるべきだろう。なぜなら、鳴り物入りで現れた「ホンダ・インサイト」や「トヨタ・サイ」は、今となってはさほど目立った販売台数を記録していないからだ(2011年4月の登録台数はインサイトが1099台で、サイが483台。対するプリウスは4876台)。プリウスブランドのひとり勝ち。
特にエコカー購入補助金終了以降は、この傾向に拍車がかかっている。だとすると、プリウスよりひと回り大きなワゴンモデルを「ウィッシュ ハイブリッド」などに仕立てず、プリウスネームで展開したのは正解である。

このクルマの売りは、いうまでもなく広い室内空間である。それを利用して3列シート車の設定もあるが、実際に売れているのは圧倒的に2列仕様のほうというから面白い(5万2000台のうち、2列仕様が約3万8000台で、3列仕様は約1万4000台)。つまり購入者は、このクルマをミニバンというよりは、むしろ5人がゆったり乗れてより大きな(多くの)荷物が積めるワゴンととらえている実情が浮かび上がってくる。
ノーマルプリウスと比べて走りの質感の方も洗練されており、単なる派生車種という位置づけにとどまらず、プリウスシリーズとしてマイナーアップデートが施されていることがわかる。車名のとおり、プラスアルファのあるプリウスである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスαの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
ホームへ戻る