【スペック】全長×全幅×全高=4615×1775×1600mm/ホイールベース=2780mm/車重=1500kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(99ps/5200rpm、14.5kgm/4000rpm)+交流同期電動機(82ps、21.1kgm)/価格=330万5000円(テスト車=400万7450円)

トヨタ・プリウスα Gツーリングセレクション スカイライトパッケージ(FF/CVT)【ブリーフテスト】

トヨタ・プリウスα Gツーリングセレクション スカイライトパッケージ(FF/CVT) 2011.06.19 試乗記 ……400万7450円
総合評価……★★★★

ついに登場したワゴン版プリウスこと「プリウスα」。実際「プリウス」とは、どんなふうに違うのか? その走りと使い勝手を試した。

遅れてきた主役

「プリウスα」の受注が、発売から約1カ月(6月12日時点)で約5万2000台となったそうだ。相変わらずハイブリッド車は人気がある。いや、正確にはハイブリッド車の人気ではなく、「プリウス」の人気が高いと言い換えるべきだろう。なぜなら、鳴り物入りで現れた「ホンダ・インサイト」や「トヨタ・サイ」は、今となってはさほど目立った販売台数を記録していないからだ(2011年4月の登録台数はインサイトが1099台で、サイが483台。対するプリウスは4876台)。プリウスブランドのひとり勝ち。
特にエコカー購入補助金終了以降は、この傾向に拍車がかかっている。だとすると、プリウスよりひと回り大きなワゴンモデルを「ウィッシュ ハイブリッド」などに仕立てず、プリウスネームで展開したのは正解である。

このクルマの売りは、いうまでもなく広い室内空間である。それを利用して3列シート車の設定もあるが、実際に売れているのは圧倒的に2列仕様のほうというから面白い(5万2000台のうち、2列仕様が約3万8000台で、3列仕様は約1万4000台)。つまり購入者は、このクルマをミニバンというよりは、むしろ5人がゆったり乗れてより大きな(多くの)荷物が積めるワゴンととらえている実情が浮かび上がってくる。
ノーマルプリウスと比べて走りの質感の方も洗練されており、単なる派生車種という位置づけにとどまらず、プリウスシリーズとしてマイナーアップデートが施されていることがわかる。車名のとおり、プラスアルファのあるプリウスである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスαの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.11 試乗記 個性的なデザインやボディーカラーで話題の、新型「トヨタ・シエンタ」に試乗。そのコンパクトミニバンとしての実力は……? パワーユニットやシートの仕様が異なる、2つのモデルでチェックした。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・シエンタ【開発者インタビュー】 2015.8.11 試乗記 12年におよぶモデルライフを経て一新された、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。新型の個性的なデザインやメカニズムは、どんな思いから生み出されたのか? 開発責任者の生の声を聞いた。
ホームへ戻る