第198回:愛せよ! プジョー205 初めての「ライオン」と熱き本国ファン

2011.06.17 エッセイ

第198回:愛せよ! プジョー205 初めての「ライオン」と熱き本国ファン

さりげなく、しなやか

今日かなり挑戦的なデザインを連発するプジョーだが、ボクのまぶたに残るプジョーといえば、もっと素朴なムードが漂っていた頃のモデル「205」(1983-1999年)である。

205との出会いの日は、今でも鮮明に覚えている。1980年代半ば、ボクが大学生だったときだ。ある日、キャンパスの駐車場に白い205がたたずんでいた。日頃から構内で教授や学生のクルマをまめにチェックしていたボクだが、205を見たのは初めてだった。

しばらく眺めていると、なんと同じ学科の先輩がやってきて、ドアを開けようとするではないか。彼女は日頃「シトロエンBX」に乗っていた。買い替えたのか? と思って聞けば、「BXを車検に出している間の代車」だと教えてくれた。頼んで乗せてもらうことができ、シートに座った途端、驚いた。低く抑えられたウィンドウラインの恩恵だろう、外観から想像できないくらい室内は開放感に満ちていた。シート生地は一見なんということもないファブリックだったが、肌触りがなんとも心地よかった。

走り出してまたびっくり。彼女が日頃乗っているBXのハイドロニューマチックとは別の意味で、その乗り心地はしなやかだった。東京郊外の荒れたアスファルト上のドライブを、涼しい顔をしてこなしていった。
ちなみに翌日、親のお下がりだった自分の「アウディ80」で同じ道を走ると、まるでトラックのように感じた。ついでにいうと、ウインカーレバーをステアリングコラム側に押して鳴らすホーンの音色もかわいかった。
そう、それまでフランス車といえばアバンギャルドを突っ走るシトロエンにしか目がいかなかったボクが、さりげなくしなやかな“ライオン”に目覚めたのは、205のおかげだったといってよい。

1984年「プジョー205SR」。個人的には、こういう限りなくノーマルな仕様が、一番いいんです。
1984年「プジョー205SR」。個人的には、こういう限りなくノーマルな仕様が、一番いいんです。
「プジョー205」前期型のインテリア。
「プジョー205」前期型のインテリア。
カブリオレの「205CTI」(1986年モデル)。
カブリオレの「205CTI」(1986年モデル)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。