【スペック】C200 ブルーエフィシェンシー アヴァンギャルド:全長×全幅×全高=4640×1780×1430mm/ホイールベース=2760mm/車重=1520kg/駆動方式=FR/1.8リッター直4DOHC16バルブターボ(184ps/5250rpm、27.5kgm/1800-4600rpm)/価格=492万円(テスト車=578万4000円/AMGスポーツパッケージ=40万円/ユーティリティパッケージ=18万円/本皮シート(前席シートヒーター付き)=28万4000円)

メルセデス・ベンツC200/C250 ステーションワゴン【試乗記】

迷える傑作 2011.06.16 試乗記 メルセデス・ベンツC200 ブルーエフィシェンシー アヴァンギャルド(FR/7AT)/C250 ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド(FR/7AT)
……578万4000円/641万8000円

デビューから4年を経て、大幅なテコ入れを実施した「メルセデス・ベンツCクラス」。その仕上がり具合を、セダン/ワゴンの両モデルで吟味した。

気合の化粧直し

「メルセデス史上最高傑作のC」と銘打って、「Cクラス」が新しくなった。なかなか挑発的なうたい文句に聞こえるが、“自社史上”なら、あたりまえのことを言ってるような気もする。

「アジリティ」(敏しょう性)という言葉をひっさげて現行の3代目Cクラス(W204)が登場したのは2007年。6〜7年がCのライフサイクルだから、これからがラストスパートだ。強敵、「BMW3シリーズ」や「アウディA4」らのライバルにあらためてファイティングポーズを取り直すのが、今回のフェイスリフトである。

まず外観では、前後のライトにLEDが使われるようになった。リアはフルLED化され、フロントのポジションランプはCの字を描く。メルセデスもちっちぇえことやるようになったなあと思うが、それも“時代”か。
インテリアはダッシュボードのデザインが刷新された。シルバーシャドーと呼ばれるメタル素材が多用され、ステアリングホイールの革は、質感の高いナッパレザーに変わった。

今回試乗したのは、新シリーズ第一弾の4気筒モデルだが、直噴1.8リッターターボに大きな変更はない。だが、変速機は「7Gトロニックプラス」にバージョンアップされ、アルミボンネットの採用で約10kg軽くなった。そのため、「C200」「C250」いずれも全モデルがエコカー減税をゲットしている。従来の「C300」に代わる新型3.5リッターV6搭載の「C350」は認定作業中で、今回は乗ることはできなかった。
C350も含めて、新型Cクラスはすべて直噴エンジンになった。従来、直噴を表していた“CGI”のモデル名は廃止され、代わりに“ブルーエフィシェンシー”を名乗る。

同時にマイナーチェンジが実施された、ふたつの車形の「メルセデスCクラス」。セダン(写真手前)、ワゴン(写真奥)ともに4つのグレードが用意される。
同時にマイナーチェンジが実施された、ふたつの車形の「メルセデスCクラス」。セダン(写真手前)、ワゴン(写真奥)ともに4つのグレードが用意される。
運転席まわりは、デザイン一新。インストゥルメントパネル中央に「COMANDディスプレイ」が配備される。
運転席まわりは、デザイン一新。インストゥルメントパネル中央に「COMANDディスプレイ」が配備される。
名称の異なる「C200」と「C250」の心臓は、ともに1.8リッターの直4ターボ。エンジンマネジメントを変えることで、後者は前者より出力で約10%、トルクで約15%のアドバンテージを得ている。
名称の異なる「C200」と「C250」の心臓は、ともに1.8リッターの直4ターボ。エンジンマネジメントを変えることで、後者は前者より出力で約10%、トルクで約15%のアドバンテージを得ている。
写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます(写真はステーションワゴンのもの)
写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます(写真はステーションワゴンのもの)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る