日産、新型「ラフェスタ ハイウェイスター」発売

2011.06.15 自動車ニュース
「日産ラフェスタ ハイウェイスター」
「日産ラフェスタ ハイウェイスター」がフルモデルチェンジ

「日産ラフェスタ ハイウェイスター」がフルモデルチェンジ

日産自動車は2011年6月15日、Mクラスミニバンの「ラフェスタ ハイウェイスター」をフルモデルチェンジして発売した。

■マツダからOEM供給

2004年に登場した「ラフェスタ」のなかで、スポーティな位置づけの「ラフェスタ ハイウェイスター」がフルモデルチェンジした。このラフェスタ ハイウェイスターは、「マツダ・プレマシー」がベースのOEM供給モデル。しかし、プレマシーとは異なるデザインをまとうのが特徴だ。一方、現行モデルの「ラフェスタ JOY」はエントリーモデルとして継続販売され、ラフェスタはラフェスタ ハイウェイスターとラフェスタ JOYの2本立てになる。ちなみに、マツダから日産へのOEM供給は、乗用車としてはこのラフェスタ ハイウェイスターが初めてである。

これまでのラフェスタは、機能面では高い評価を得ていた一方、よりスタイリッシュな外観を求める声が多かったという。これに応えるべく、新型ラフェスタ ハイウェイスターのエクステリアは、ダイナミックなボディラインに加えて、水平基調のクロームグリルやロー&ワイドを強調するフロントバンパーなどの採用により、ハイウェイスターシリーズにふさわしいデザインとなっている。

ヘッドライトとフロントフェンダー以外は、ラフェスタ ハイウェイスター独自のデザインを採用。とくにドア部分は、プレマシーの特徴でもある彫りの深いラインを排し、「エルグランド ハイウェイスター」のイメージを受け継ぐデザインとした。リアについても専用のメッキパーツを配置することなどによりオリジナリティを高めている。こうして、OEMでありながら、ベースモデルとは異なるデザインに仕上げられた。

一方、インテリアについては、バッジ類の変更はあるものの、基本的にはプレマシーのデザインを継承する。上級グレードに用意されるパイピング&ステッチ付きのシートは、ラフェスタ ハイウェイスター独自のデザインである。

■全車エコカー減税に適合

ラインナップは、「ハイウェイスター Jパッケージ」「ハイウェイスター」「ハイウェイスター G」の3グレードで、ハイウェイスター Jパッケージがエントリーグレード、ハイウェイスター Gが装備充実の豪華仕様という位置づけだ。FFと4WDが用意され、FFが199万1850円から、4WDが228万9000円からとなる(ハイウェイスター JパッケージはFFのみの設定)。

搭載されるエンジンは、全車2リッター直噴ガソリンエンジンで、FFが150ps、4WDは139psとスペックが異なる。組み合わされるトランスミッションは、FFがマニュアルモード付きの5AT、4WDは4AT。アイドリングストップはFFのハイウェイスターとハイウェイスター Gにのみ搭載され、10・15モード燃費は、ハイウェイスター(FF)が16.0km/リッター、ハイウェイスター Jパッケージとハイウェイスター G(FF)が15.0km/リッター、4WDのハイウェイスターとハイウェイスター Gが11.2km/リッターだ。全車エコカー減税の対象である。

両側スライドドア(電動スライドドアはハイウェイスター Gに標準、他はメーカーオプション)、セカンドシートがベンチシート/キャプテンシートの二通りに使える"フレキシブルシート"、ロングスライドのセカンドシート、サードシートを倒すことにより得られる広大なラゲッジルームなど、プレマシーが誇るMクラスミニバンとしての機能性は当然継承している。

プレマシーとは別の個性が与えられたラフェスタ ハイウェイスター。ベース車より幅広いユーザーを獲得する可能性もありそうだ。

(文=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • 日産ラフェスタPLAYFUL(CVT/FF)/20S(CVT/4WD)【試乗記】 2004.12.20 試乗記 日産ラフェスタPLAYFUL(CVT/FF)/20S(CVT/4WD)
    ……277万2100円/211万500円

    スポーティな走りを訴求するライバルとは一線を画し、運転のしやすさ、明るい室内など、ピープルムーバーの本流に磨きをかけた「日産ラフェスタ」。自動車ジャーナリストの笹目二朗は、コンセプトどおりのクルマであることは評価するが……。


ホームへ戻る