「レガシィ」にスポーティで安全な新グレード

2011.06.14 自動車ニュース
「レガシィツーリングワゴン 2.5GT EyeSight Sパッケージ」
スポーティで安全な「レガシィ」特別仕様車、発売

「スバル・レガシィ」にスポーティで安全な新グレード追加

富士重工業は、「スバル・レガシィツーリングワゴン/レガシィB4」に、新グレード「2.5i EyeSight Sパッケージ」「2.5GT EyeSight Sパッケージ」を設定し、2011年6月14日に発売した。

「レガシィB4 2.5GT EyeSight Sパッケージ」
スポーティで安全な「レガシィ」特別仕様車、発売

「EyeSight Sパッケージ」は、走行性能だけでなく、安全性能をも高めたという、いわば“全部入りのレガシィ”。
ビルシュタイン製のダンパーや18インチアルミホイールなどを備える「レガシィツーリングワゴン/B4」のスポーティグレード「2.5i Sパッケージ」「2.5GT Sパッケージ」に、ステレオカメラを使って前方の衝突被害を回避、または軽減する安全装備「EyeSight」が組み合わされたグレードだ。

「EyeSight」そのものも、ステレオカメラの認識性能や制御ソフトのレベルアップが図られて、プリクラッシュブレーキやクルーズコントロールの動作がより滑らかに。
リアサスペンションに新たにピロボールブッシュが採用され、フロントスタビライザー取り付け部のブッシュが変更されるといった、「レガシィ」シリーズ全般にわたる“年次改良”も盛り込まれている。

価格は、以下のとおり。それぞれ、ベースモデルより10万5000円高となる。

・レガシィツーリングワゴン 
2.5i EyeSight Sパッケージ:308万7000円
2.5GT EyeSight Sパッケージ:359万1000円

・レガシィB4
2.5i EyeSight Sパッケージ:292万9500円
2.5GT EyeSight Sパッケージ:343万3500円

(webCG 関)

関連キーワード:
レガシィB4レガシィツーリングワゴン スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバルが「インプレッサ」を一部改良 アイサイトの機能強化 2017.9.11 自動車ニュース スバルは2017年9月11日、「インプレッサ」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。先進運転支援システム「アイサイト」の夜間走行における歩行者認識性能を強化したほか、後退時自動ブレーキシステムを追加した。
ホームへ戻る