「レガシィ」にスポーティで安全な新グレード

2011.06.14 自動車ニュース

「スバル・レガシィ」にスポーティで安全な新グレード追加

富士重工業は、「スバル・レガシィツーリングワゴン/レガシィB4」に、新グレード「2.5i EyeSight Sパッケージ」「2.5GT EyeSight Sパッケージ」を設定し、2011年6月14日に発売した。

「EyeSight Sパッケージ」は、走行性能だけでなく、安全性能をも高めたという、いわば“全部入りのレガシィ”。
ビルシュタイン製のダンパーや18インチアルミホイールなどを備える「レガシィツーリングワゴン/B4」のスポーティグレード「2.5i Sパッケージ」「2.5GT Sパッケージ」に、ステレオカメラを使って前方の衝突被害を回避、または軽減する安全装備「EyeSight」が組み合わされたグレードだ。

「EyeSight」そのものも、ステレオカメラの認識性能や制御ソフトのレベルアップが図られて、プリクラッシュブレーキやクルーズコントロールの動作がより滑らかに。
リアサスペンションに新たにピロボールブッシュが採用され、フロントスタビライザー取り付け部のブッシュが変更されるといった、「レガシィ」シリーズ全般にわたる“年次改良”も盛り込まれている。

価格は、以下のとおり。それぞれ、ベースモデルより10万5000円高となる。

・レガシィツーリングワゴン 
2.5i EyeSight Sパッケージ:308万7000円
2.5GT EyeSight Sパッケージ:359万1000円

・レガシィB4
2.5i EyeSight Sパッケージ:292万9500円
2.5GT EyeSight Sパッケージ:343万3500円

(webCG 関)

「レガシィツーリングワゴン 2.5GT EyeSight Sパッケージ」
「レガシィツーリングワゴン 2.5GT EyeSight Sパッケージ」 拡大
「レガシィB4 2.5GT EyeSight Sパッケージ」
「レガシィB4 2.5GT EyeSight Sパッケージ」 拡大

関連キーワード:
レガシィB4レガシィツーリングワゴン スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る