【スペック】全長×全幅×全高=4705×1825×1440mm/ホイールベース=2810mm/車重=1560kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ(180ps/4000-6000rpm、32.6kgm/1500-3900rpm)/価格=440万円(テスト車=546万円)

アウディA4 2.0 TFSI(FF/CVT)【試乗記】

好みを言わせていただけば 2011.06.14 試乗記 アウディA4 2.0 TFSI(FF/CVT)
……546万円

「アウディA4」シリーズに新たに加わったエントリーグレードに乗りながら、アウディらしさについて考えた。

かなりのおトク感あり

「アウディA4」シリーズに新たに加わった「A4 2.0 TFSI」を紹介する前に、簡単におさらい。
2008年春に、4代目となるアウディA4が日本でデビューした。この時のラインナップは2グレード。ひとつが1.8リッターターボを搭載したFF(前輪駆動)モデル「1.8 TFSI」で、もうひとつが3.2リッターV6を積んだ四駆の「3.2 FSIクワトロ」だ。ちなみに2つのグレードの価格差は200万円以上と、かなり大きな開きがあった。

1年後の2009年、このギャップを埋めるように2リッターターボ搭載の四駆モデル、「2.0 TFSIクワトロ」が投入される。2010年1月には3.2 FSIクワトロがラインナップから外れ、同年冬には「アウディA4オールロードクワトロ」が250台限定で販売された。
そして2011年春に、1.8 TFSIに代わって2リッターターボを積むFFモデル「2.0 TFSI」がラインナップされる。これがアウディA4シリーズの新しいベーシックグレードということになる。つまり2リッターターボ搭載のFFと四駆、そして「S4」の3モデルで現在のA4シリーズを構成する。

2.0 TFSIの2リッターターボエンジンの最高出力は従来型1.8リッターの160psから180psへとパワフルになっている一方で、自動車取得税と自動車重量税が50%減税されるエコカー減税対象車となっている。
しかも、これだけの“武器”を得ながら1.8 TFSIより5万円しか高くなっていない440万円だから、かなりお買い得感あり。2010年に日本で販売されたアウディA4シリーズは約5500台で、販売台数の3割以上を占めるという。このグレードの登場で、さらに間口が広がることが期待できる。

本革シート、フロントのシートヒーター、ウッドパネルは「SEパッケージ」と呼ばれる35万円のオプション。バング&オルフセンサウンドシステムが15万円、ガラスサンルーフが17万円のオプション。
本革シート、フロントのシートヒーター、ウッドパネルは「SEパッケージ」と呼ばれる35万円のオプション。バング&オルフセンサウンドシステムが15万円、ガラスサンルーフが17万円のオプション。
7ツインスポークの鋳造アルミホイールは、30万円のスペシャルオプション。それ以外に、外観に大きな変更はない。
7ツインスポークの鋳造アルミホイールは、30万円のスペシャルオプション。それ以外に、外観に大きな変更はない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • 【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開 2017.1.11 自動車ニュース トヨタが、デトロイトショーで北米市場の最量販モデル「カムリ」の新型を世界初公開。8代目となる新型には「プリウス」などに続いて「TNGA」世代の新プラットフォームを採用。日本市場については2017年夏ごろの導入を予定している。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る