トヨタ車体、ダカール2012に参戦 7連覇目指す

2011.06.13 自動車ニュース

トヨタ車体、ダカールラリー2012に参戦 7連覇目指す

トヨタ車体は、2012年1月1日より南米大陸を舞台に開催される「ダカールラリー2012 アルゼンチン・チリ・ペルー」への参戦を表明した。チームは、市販車部門において、前人未到の7連覇を狙う。

「トヨタ・ランドクルーザー200」の製造を担当しているトヨタ車体が、世界でもっとも過酷なラリーとして知られる「ダカールラリー」に、2012年度も参戦すると発表した。同社のチーム「チームランドクルーザー・トヨタオートボデー(TLC)」は、改造可能範囲の少ない市販車部門に2台の「ランクル」を投入し、前人未到の7連覇を狙う。チームは震災のため、出場断念も検討したそうだが、トヨタ車の、ひいては日本の健在ぶりをアピールするため、参戦を決意したという。

ラリーは、2012年1月1月から15日にかけて開催される。舞台となるのは、アルゼンチン・チリ・ペルーの3カ国。同ラリーの開催地がアフリカ大陸から南米大陸に移ったのは2009年からだが、来年は過去3レースの舞台となったアルゼンチン、チリのほか、新たにペルーが加わり、総走行距離9000kmにおよぶ長き戦いが繰り広げられる。ペルーは気温が高く、また高山地帯のコースが含まれるため、これまで以上に厳しいレースが予測されるという。

TLCは2012年もこのレースに、廃てんぷら油から精製したバイオディーゼル燃料で挑む。同社は環境への配慮から、2007年よりバイオディーゼル燃料を20%程度使用した燃料を使ってきたが、2011年からはその比率を100%まで高めており、環境にやさしいモータースポーツ参戦の実現を目指す。原料となる廃てんぷら油は、地元企業や学校、取引先企業、従業員の家庭などから集められるそうだ。

なお、参戦ドライバーについては現在契約交渉中とのこと。年末にはあらためて体制が発表される見通しである。

(webCG 曽宮)

「ランドクルーザー200 ダカールラリー仕様」(2011年モデル)
「ランドクルーザー200 ダカールラリー仕様」(2011年モデル)

トヨタ車体、ダカール2012に参戦 7連覇目指すの画像
ダカールラリー2012の大会ルート図
ダカールラリー2012の大会ルート図

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランドクルーザーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • 第388回:全方位的に進化した「マツダCX-5」
    主査に聞く新型の見どころ
    2016.12.21 エッセイ 2016年11月のロサンゼルスオートショーでデビューした新型「マツダCX-5」が、いよいよわれわれの前に現れた。「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに開発された新型に込められた思いを、児玉眞也主査に聞いた。
ホームへ戻る