第5回:酔っぱらいは懲りない だって、記憶がないから
『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』

2011.06.10 エッセイ

第5回:酔っぱらいは懲りない だって、記憶がないから『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』

酔って記憶をなくしますか?

『酔って記憶をなくします』(石原たきび著・新潮文庫)という本がよく売れている。酒を飲み過ぎて犯した失敗談を集めたもので、皆さん実によく酔っぱらってヒドイ目に遭っている。他人事とは思えないわけで、読んでいて身につまされる。嫌な記憶が蘇る、というか、その記憶自体がないのだけれど。

そういう場合でも、誰かひとりはしっかり記憶があって痴態狂態を正確に再現してくれたりする。まったく、おせっかいな。誰も覚えていなければ、なかったことにできるのに。しかし、実は全員が記憶をなくすと、もっとひどい目に遭うことになるかもしれない。昨年の夏にヒットした『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』は、酔って記憶をなくしたことで引き起こされた大騒動を描いたコメディ映画だった。

結婚式を前に、4人の男たちがラスベガスで独身最後のお楽しみを満喫する。朝目を覚ますとひどい二日酔いで、花ムコが姿を消している。全員が前夜のことを覚えていない。そしてホテルの部屋の中には、なぜか赤ん坊と虎がいるのだ。何が起きたのか探ろうと、花ムコの父親から借りて乗ってきた「メルセデス・ベンツ280SEカブリオレ」で出かけようとするが、ホテルのヴァレーが駐車場から出してきたクルマはパトカーに替わっていた……。

赤ん坊、虎、パトカーの三題噺をどう着地させるのか、ハラハラしながら観ていると、マイク・タイソンまで登場する始末だ。観終わっても何の教訓もなく、余韻も残らないが、徹底して娯楽作として作り上げたデキの良さは見上げたものだった。

(C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES
第5回:酔っぱらいは懲りない だって、記憶がないから − 『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越…
『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』DVD
昨年夏に劇場で観たら、観客は大爆笑だった。カップル客も結構いたが、男がバカだということがバレてしまうから、デートには向かない気がする。
第5回:酔っぱらいは懲りない だって、記憶がないから − 『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越…
「メルセデス・ベンツ280SE カブリオレ」
いわゆる「縦目ベンツ」で、このモデルは1968年から生産された。2.8リッターエンジンを搭載し、クーペバージョンもある。1972年にフルモデルチェンジされ、初代「Sクラス」が登場する。
第5回:酔っぱらいは懲りない だって、記憶がないから − 『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。