BMW、「MINIクーペ」のプロトタイプを発表

2011.06.10 自動車ニュース
今秋のフランクフルトモーターショーで世界初公開となる予定の「MINIクーペ」。
BMW、「MINIクーペ」のプロトタイプを発表

BMW、「MINIクーペ」のプロトタイプを発表

独BMWはMINIの新しいボディバリエーション、「MINIクーペ」のプロトタイプをお披露目した。公開された車両の一部は偽装されているが、ほぼこのままのスタイリングで2011年秋に正式発表される予定だ。

「MINIクーペ」はゴーカート感覚を極限まで高めた、スポーツモデルにふさわしいハンドリングを持つという。
BMW、「MINIクーペ」のプロトタイプを発表
屋根の後端にルーフスポイラーが備わる。リアバンパーはハッチバックと異なる専用デザインだ。
BMW、「MINIクーペ」のプロトタイプを発表

■MINI初の2シーター

「MINIクーペ」は2009年のフランクフルトショーに出展された「MINIクーペ コンセプト」の市販バージョンで、ハッチバック、カブリオレ、クラブマン、カントリーマン(日本名:クロスオーバー)に続き、MINIにとって5つ目のバリエーションとなる。

写真を見ておわかりの通り、ハッチバックをベースにリアにノッチバックを持つ3ボックススタイルで、"ヘルメットルーフ"と呼ばれる低くて平らな屋根が特徴だ。Aピラーより前のフロント部分や、テールランプなどのディテールはハッチバックと同じ意匠にもかかわらず、「クーペ」独特の雰囲気を醸し出すことに成功しているのはこの屋根によるところが大きい。ちなみに、MINIが3ボックスタイプのボディを採用するのは今回が初めてだ。

ボディサイズは、全長3728mm×全幅1683mm×全高1378mm、ホイールベース2467mm(いずれも欧州仕様の「クーパークーペ」の数値)。全長および全幅、ホイールベースはハッチバックと変わらないものの、全高は29mm低い。MINI初の2シーターで、リア部分は荷室スペースとなり、大きく開くリアハッチゲートからアクセスが可能だ。具体的な荷室容量はアナウンスされていないが、デイリーユースにも十分対応できるだけの大きな容量が与えられているという。また、リアゲートの後端には時速80kmでせり上がる可動式のリアスポイラーが備わる。

"ヘルメットルーフ"と呼ばれる屋根が特徴的。3ボックススタイルだが、全長はハッチバックとほぼ同じ。
BMW、「MINIクーペ」のプロトタイプを発表
かなり鋭角にせり上がる可動式のリアスポイラー。高速走行時の安定性に威力を発揮しそうだ。
BMW、「MINIクーペ」のプロトタイプを発表

■ゴーカート感をさらに強化

エンジンは全部で4タイプ。「クーパー」の1.6リッター直4自然吸気(122ps)をはじめ、「クーパーS」用の1.6リッター直4直噴ターボ(184ps)、「クーパーSD」に搭載される2.0リッター直4直噴ディーゼルターボ(143ps)、さらに最強ユニットとして「ジョンクーパーワークス」用の1.6リッター直4直噴ターボ(211ps)が用意される。基本的にはハッチバックなどに搭載されているものと変わらない。変速機は6段MTが標準だが、「ジョンクーパーワークス」以外では6段ATを選ぶことも可能だ。

シャシーは基本的にハッチバックと同一。ただし、車両重量バランスの最適化やボディのねじり剛性のアップにともない、サスペンションのセッティングを変更することで、MINI特有のゴーカート感覚がさらに強められているという。なお、車両姿勢安定装置のDSCは全グレードに標準装備。EDLCと呼ばれる電制デファレンシャルとトラクションコントロールの「DTC」はジョンクーパーワークスには標準で、ほかのグレードではオプションで選べる。

正式なお披露目までのカウントダウンが始まった「MINIクーペ」。サイズは若干小さいが、「プジョーRCZ」や「フォルクスワーゲン・シロッコ」などのスポーツクーペとも競合するに違いない。なお、2009年のフランクフルトショーでクーペとともに出展されていたオープンボディのロードスター仕様のテスト車両も海外の媒体にスクープされている。クーペ同様、こちらの動向にも要注目だ。

(文=新井一樹)

【エンジンスペック】

MINIクーパークーペ
エンジン形式:直列4気筒DOHC16バルブ
排気量:1598cc
最高出力:122ps/6000rpm
最大トルク:16.3kgm/4250rpm
0-100km/h加速:9.0秒
最高速度:204km/h
燃費(欧州総合):18.5km/リッター
CO2排出量:127g/km


MINIクーパーSクーペ
エンジン形式:直列4気筒DOHC16バルブターボ
排気量:1598cc
最高出力:184ps/5500rpm
最大トルク:24.5kgm/1600-5000rpm、26.5kgm/1700-4500rpm(オーバーブースト時)
0-100km/h加速:6.9秒
最高速度:230km/h
燃費(欧州総合):17.2km/リッター
CO2排出量:136g/km


MINIジョンクーパーワークスクーペ
エンジン形式:直列4気筒DOHC16バルブターボ
排気量:1598cc
最高出力:211ps/6000rpm
最大トルク:26.5kgm/1850-5600rpm、28.6kgm/1700-4500rpm(オーバーブースト時)
0-100km/h加速:6.4秒
最高速度:240km/h
燃費(欧州総合):14.1km/リッター
CO2排出量:165g/km


MINIクーパーSDクーペ
エンジン形式:直列4気筒DOHCディーゼルターボ
排気量:1995cc
最高出力:143ps/4000rpm
最大トルク:31.1kgm/1750-2700rpm
0-100km/h加速:7.9秒
最高速度:216km/h
燃費(欧州総合):23.3km/リッター
CO2排出量:127g/km

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーS クーペ(FF/6MT)【試乗記】 2012.3.11 試乗記 MINIクーパーS クーペ(FF/6MT)
    ……383万3270円

    MINIシリーズ初の2シーターモデルとして生まれた「MINIクーペ」。クルマとしてのできは、いかほどか? ホットな“クーパーS”で確かめた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
ホームへ戻る