マツダ・デミオに30km/リッターの新グレード

2011.06.09 自動車ニュース
マイナーチェンジ後の「マツダ・デミオ」。(写真は全て新グレード「13スカイアクティブ」のもの)
マツダ・デミオに30km/リッターの新グレード

「マツダ・デミオ」がマイナーチェンジ 30km/リッターの新グレード追加

マツダは2011年6月9日、コンパクトカー「デミオ」に小変更を施すとともに、燃費に優れる新グレード「13-SKYACTIV(13スカイアクティブ)」を追加。6月30日に発売すると発表した。

インテリアの様子。パネル類やシート地などが変更された。
インテリアの様子。パネル類やシート地などが変更された。
マツダ・デミオに30km/リッターの新グレードの画像

■見た目も走りもテコ入れ

2007年7月にデビューした現行型「マツダ・デミオ」。登場から4年を経て、マイナーチェンジが施された。

外観は、他マツダ車にも見られる五角形のエアインテークや新デザインのグリルで、フロントまわりを化粧直し。内装もシート地が一新されたほか、メーターのカラーリングが白から黒へと変更され、エアコン吹き出し口にはシルバーの装飾が加えられた。ハザードランプスイッチも、より視認性の高いボタンそのものが赤いものへと改められた。

また、全グレードに瞬間燃費や平均燃費が表示できるトリップメーターが追加され、後席中央の3点式シートベルトとヘッドレストも与えられる(一部グレードはオプション)など、機能面のアップグレードも図られた。ダンパーやリアトレーリングアーム・ブッシュの変更、前後サスペンション取り付け部の剛性アップなど、見えない部分にも手が入れられている。

「デミオ 13スカイアクティブ」に搭載される「スカイアクティブG 1.3」。「この先“モーター付き”の普及が進んでも、パワーユニットの主役であり続けるエンジンの改善なくして未来はない」というマツダのポリシーに基づいて燃費性能が磨かれた、新しいガソリンエンジンである。
「デミオ 13スカイアクティブ」に搭載される「スカイアクティブG 1.3」。「この先“モーター付き”の普及が進んでも、パワーユニットの主役であり続けるエンジンの改善なくして未来はない」というマツダのポリシーに基づいて燃費性能が磨かれた、新しいガソリンエンジンである。
スピードメーターの横に配される「i-DM」のモニター。ドライバーに、快適で燃費にもいいスムーズな運転を促す。
スピードメーターの横に配される「i-DM」のモニター。ドライバーに、快適で燃費にもいいスムーズな運転を促す。
マツダ・デミオに30km/リッターの新グレードの画像

■燃費は一気に3割増し

燃費性能に優れる新グレード「13スカイアクティブ」が追加されたことも、今回のマイナーチェンジの目玉である。

最も注目すべきは「スカイアクティブG 1.3」と呼ばれる新しい心臓部。ハイブリッドシステムなどの電子デバイスに頼らず、内燃機関にできうる基本技術の改善(ハイコンプレッション化:圧縮比14.0、バルブの遅閉じ、新形状ピストンの採用、各パーツの軽量化、駆動ロスの軽減など)に取り組み、徹底的に燃費の向上を追及したとされる。

最高出力&最大トルクは、同じくCVTが組み合わされる従来型1.3リッターモデル「13C-V」(90ps、12.2kgm)よりもやや控えめな84ps、11.4kgmにとどまるが、シリーズ初となるアイドリングストップ機構「i-stop」の採用や、整流版によるアンダーボディのフラット化、さらにリアストップランプのLED化などの効果とも合わせ、これまでのシリーズ最高値(23.0km/リッター)を約3割上回る30.0km/リッターの燃費(10・15モード)を実現した。

そのほか「13スカイアクティブ」は、アクセルとブレーキのみならず、ハンドルさばきまで検知してドライバーに「より快適で燃費のいい運転」を促す独自の運転診断機能「i-DM(インテリジェント・ドライブ・マスター)」も装備。外観上も、専用バッジやヘッドランプのブルーリング、大型リアスポイラーなどで、スペシャルなエコグレードとしての個性が与えられている。

「デミオ」シリーズの新たな価格は、1.3リッターモデル「13C」の114万9000円から、1.5リッターモデル「SPORT」の162万1750円まで。新グレードの「13スカイアクティブ」は140万円。

(webCG 関)

マツダ・デミオに30km/リッターの新グレード
関連記事
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
ホームへ戻る