【スペック】全長×全幅×全高=4325×1810×1470mm/ホイールベース=2640mm/車重=1340kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(140ps/6000rpm、19.9kgm/3750rpm)/価格=268万円(テスト車=同じ)

ルノー・メガーヌ プレミアムライン(FF/CVT)【試乗記】

ルノーを買う本当の価値 2011.06.08 試乗記 ルノー・メガーヌ プレミアムライン(FF/CVT)
……268万円

5ドアハッチバックの「メガーヌ」がついに日本上陸。デザイン、装備、走行性能、あらゆる面で進化した新型の走りを試す。

コンサバティブな外観

モデルチェンジした「ルノー・メガーヌ」。3世代目となる新型は、欧州では2008年に代替わりしているため、すでにその姿をチェック済みという方も多いだろう。加えて、ルノー・ジャポンは昨年末、3代目メガーヌのスペシャルモデル「RS」を先に日本へ導入していることもあって、メガーヌ、すでに面は割れている。

ボディタイプは5ドアハッチバック1種類。シャシーは先代からのキャリーオーバーだ。「プレミアムライン」と「GTライン」という2グレードを設定する。
今回試乗したのはプレミアムライン。“プレミアム”と言いつつも安いほうで、事実上のベースグレードといえる。片やGTラインは1インチ大きな17インチタイヤ&ホイールを履き、サスペンションのスプリングレートが高く、それに伴って車高も1cm低いほか、外観もスポーティな仕立てとなっている。とはいえ、あくまでGT“ライン”であってGTではない。すなわちパワートレインにまで手が入れられているわけではない。

2グレードともに自然吸気の2リッターDOHCエンジンに、メガーヌ初のCVT(ジヤトコ製。6段マニュアルモード付き)が組み合わせられる。このパッケージは同じグループの日産やルノー・サムスンのいくつかのモデルにも搭載されている。

よく見ると先代に劣らず凝ったディテールが見られるものの、先代ほど彫刻的ではなく、コンサバティブな外観だな、というのが新型に対する第一印象だ。グレーのボディカラーにベージュのシートという組み合わせは、上品だが地味。ルノーといえば奇抜な外観に実用的な中身を仕込むのがうまいことで知られるメーカーのはずだが、今回は至極真っ当。「日産ジューク」あたりのほうがよっぽどルノーっぽい。

車内外ともにクオリティは先代より向上した。ボディ各パネルの合わせ目、いわゆるチリは等間隔でそろっている。居住空間は前後ともに十分。特にリアは先代より確実に広い。インテリアの質感も高く、プラスチッキーという印象はもうない。その昔、フランス車はダッシュボードがフロントガラスへ映り込むことに対してまったく配慮してくれなかったが、新型では気にならなかった。部分的に木目調パネルまで使われているが、これは果たしてメガーヌに必要だっただろうか。

静的質感は向上。では動的な質感はどうか。

明るいベージュ内装の「プレミアムライン」。メーターパネルには、アナログタコメーターとデジタルスピードメーターが備わる。
明るいベージュ内装の「プレミアムライン」。メーターパネルには、アナログタコメーターとデジタルスピードメーターが備わる。
ベージュファブリックのフロントシート。ちなみに、「GTライン」の内装は黒基調となり、ダークカーボンファブリックのスポーツシートが装備される。
ベージュファブリックのフロントシート。ちなみに、「GTライン」の内装は黒基調となり、ダークカーボンファブリックのスポーツシートが装備される。
ルノー・メガーヌ プレミアムライン(FF/CVT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る