シトロエン、新型「C4」を発売

2011.06.07 自動車ニュース

シトロエン、新型「C4」を発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2011年6月7日、5ドアハッチバックの新型「シトロエンC4」を発売すると発表した。6年ぶりのフルモデルチェンジで、発売日は2011年7月1日。

■ボディサイズは、やや拡大

「クサラ」の後継モデルとして生まれた初代「C4」は、2004年パリサロンでデビュー。欧州Cセグメントの「フォルクスワーゲン・ゴルフ」「ルノー・メガーヌ」などと覇を争うべく市場に投入された。そして6年の時を経て、2010年のパリサロンでお披露目されたのが、今回発表された新型C4である。

日本での販売グレードは、ベーシックな「セダクション」と上級の「エクスクルーシブ」の2種で、価格はそれぞれ256万円と299万円。いずれもハンドル位置は右となる。

「クーペ」(3ドア)と「サルーン」(5ドア)のバリエーションを持つ先代から一転、新型のボディタイプは5ドアハッチバックのみとなった。全長×全幅×全高=4330×1790×1490mmのディメンションは、先代より35mm長く、15mm幅広く、10mm高い。ホイールベースは2610mmと変更はない。

エクステリアは、丸みを強調した先代に比べ、新型はキャラクターラインが目立つ力強い印象となった。フロントグリルは大型化され、中央には新世代のダブルシェブロン・エンブレムがレイアウトされる。
インテリアは比較的オーソドックスにまとめられた。先代で特徴的だったダッシュボード中央に据えられたデジタルメーターがなくなり、3眼のメーターをドライバー正面に配置。ステアリングホイールも機能性が高められ、クルーズコントロールやオーディオのスイッチが集約された。上級グレードではシフトパドルも装備される。

■ハイドラクティブに匹敵する乗り心地

パワートレインは、「セダクション」が1.6リッター直4(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)と4段のトルコンAT、「エクスクルーシブ」が1.6リッター直4ターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)と6段の2ペダルMT「EGS」(エレクトリックギアボックスシステム)の組み合わせ。

サスペンション形式は前マクファーソンストラット式/後トーションビーム式。ハイドラクティブではなくメカサスが採用されたものの、「ハイドラクティブに匹敵する快適な乗り心地を実現」(プレスリリース)したという。

安全装備として6エアバッグのほか、ESPも全グレード標準。駐車時に役立つフロント/バックソナーも付与される。
ガラス面積の大きなパノラミックガラスルーフは、「エクスクルーシブ」に標準装備。「セダクション」にも17インチアロイホイールとのセット「パノラミックガラスルーフパッケージ」(17万円)として用意される。

(webCG 本諏訪)

新型「シトロエンC4」
新型「シトロエンC4」 拡大
メーターの照明は5種類から、各種警告音やウインカーの作動音は4種類から、好みに応じて設定が可能となっている。
メーターの照明は5種類から、各種警告音やウインカーの作動音は4種類から、好みに応じて設定が可能となっている。 拡大
 
シトロエン、新型「C4」を発売の画像 拡大
荷室容量は380リッター(VDA方式)。
荷室容量は380リッター(VDA方式)。 拡大
 
シトロエン、新型「C4」を発売の画像 拡大

関連キーワード:
C4シトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
  • 「シトロエンC4」が仕様変更、お値段据え置きで装備を強化 2017.7.10 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンが「シトロエンC4」のラインナップを変更。既存のグレードを廃し、ブランドスポットモニターや日本語表示対応のタッチスクリーンを搭載した新グレード「C4シャイン」「C4シャインBlueHDi」を設定した。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る