シトロエン、新型「C4」を発売

2011.06.07 自動車ニュース
新型「シトロエンC4」
「シトロエンC4」がフルモデルチェンジ

シトロエン、新型「C4」を発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2011年6月7日、5ドアハッチバックの新型「シトロエンC4」を発売すると発表した。6年ぶりのフルモデルチェンジで、発売日は2011年7月1日。

メーターの照明は5種類から、各種警告音やウインカーの作動音は4種類から、好みに応じて設定が可能となっている。
メーターの照明は5種類から、各種警告音やウインカーの作動音は4種類から、好みに応じて設定が可能となっている。
 
シトロエン、新型「C4」を発売の画像

■ボディサイズは、やや拡大

「クサラ」の後継モデルとして生まれた初代「C4」は、2004年パリサロンでデビュー。欧州Cセグメントの「フォルクスワーゲン・ゴルフ」「ルノー・メガーヌ」などと覇を争うべく市場に投入された。そして6年の時を経て、2010年のパリサロンでお披露目されたのが、今回発表された新型C4である。

日本での販売グレードは、ベーシックな「セダクション」と上級の「エクスクルーシブ」の2種で、価格はそれぞれ256万円と299万円。いずれもハンドル位置は右となる。

「クーペ」(3ドア)と「サルーン」(5ドア)のバリエーションを持つ先代から一転、新型のボディタイプは5ドアハッチバックのみとなった。全長×全幅×全高=4330×1790×1490mmのディメンションは、先代より35mm長く、15mm幅広く、10mm高い。ホイールベースは2610mmと変更はない。

エクステリアは、丸みを強調した先代に比べ、新型はキャラクターラインが目立つ力強い印象となった。フロントグリルは大型化され、中央には新世代のダブルシェブロン・エンブレムがレイアウトされる。
インテリアは比較的オーソドックスにまとめられた。先代で特徴的だったダッシュボード中央に据えられたデジタルメーターがなくなり、3眼のメーターをドライバー正面に配置。ステアリングホイールも機能性が高められ、クルーズコントロールやオーディオのスイッチが集約された。上級グレードではシフトパドルも装備される。

荷室容量は380リッター(VDA方式)。
荷室容量は380リッター(VDA方式)。
 
シトロエン、新型「C4」を発売の画像

■ハイドラクティブに匹敵する乗り心地

パワートレインは、「セダクション」が1.6リッター直4(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)と4段のトルコンAT、「エクスクルーシブ」が1.6リッター直4ターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)と6段の2ペダルMT「EGS」(エレクトリックギアボックスシステム)の組み合わせ。

サスペンション形式は前マクファーソンストラット式/後トーションビーム式。ハイドラクティブではなくメカサスが採用されたものの、「ハイドラクティブに匹敵する快適な乗り心地を実現」(プレスリリース)したという。

安全装備として6エアバッグのほか、ESPも全グレード標準。駐車時に役立つフロント/バックソナーも付与される。
ガラス面積の大きなパノラミックガラスルーフは、「エクスクルーシブ」に標準装備。「セダクション」にも17インチアロイホイールとのセット「パノラミックガラスルーフパッケージ」(17万円)として用意される。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
ホームへ戻る