500psの「アウディA8 L W12 クワトロ」発売

2011.06.07 自動車ニュース

500psの大型セダン「アウディA8 L W12 クワトロ」発売

アウディジャパンは、「A8」シリーズに新グレード「A8 L W12 クワトロ」を追加し、2011年6月7日に発売した。

「アウディA8 L W12 クワトロ」は、フラッグシップサルーン「A8」の新たな最上級グレードとなるニューモデルだ。

「A8」のホイールベースを130mm延長したボディに、「A8 L 4.2 FSI クワトロ」の4.2リッターV8(372ps、45.4kgm)よりもはるかにパワフルな6.3リッターW12エンジン(500ps、63.7kgm)を搭載。箱型のセダンでありながら、スポーツカーに匹敵する圧倒的なパフォーマンスを発揮するとうたわれる。
組み合わされるトランスミッションは8段ATで、駆動方式は4WDのみ。
パワーのみならず、卓越した静粛性も、そのセリングポイントだ。

価格は「A8 L 4.2 FSI クワトロ」より771万円高となる、2061万円。
ハンドル位置は、左右両方から選べる。

(webCG 関)

「アウディA8 L W12 クワトロ」
「アウディA8 L W12 クワトロ」

500psの「アウディA8 L W12 クワトロ」発売の画像

500psの「アウディA8 L W12 クワトロ」発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA8 3.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)/A8 L 4.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2014.4.14 試乗記 The Art of Progress(革新の美学)をコンセプトに掲げる「アウディA8」が、マイナーチェンジを受けて日本に上陸。知的でクールなフラッグシップセダンの走りを、エンジンもボディーも異なる2種のモデルで確かめた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
ホームへ戻る