500psの「アウディA8 L W12 クワトロ」発売

2011.06.07 自動車ニュース

500psの大型セダン「アウディA8 L W12 クワトロ」発売

アウディジャパンは、「A8」シリーズに新グレード「A8 L W12 クワトロ」を追加し、2011年6月7日に発売した。

「アウディA8 L W12 クワトロ」は、フラッグシップサルーン「A8」の新たな最上級グレードとなるニューモデルだ。

「A8」のホイールベースを130mm延長したボディに、「A8 L 4.2 FSI クワトロ」の4.2リッターV8(372ps、45.4kgm)よりもはるかにパワフルな6.3リッターW12エンジン(500ps、63.7kgm)を搭載。箱型のセダンでありながら、スポーツカーに匹敵する圧倒的なパフォーマンスを発揮するとうたわれる。
組み合わされるトランスミッションは8段ATで、駆動方式は4WDのみ。
パワーのみならず、卓越した静粛性も、そのセリングポイントだ。

価格は「A8 L 4.2 FSI クワトロ」より771万円高となる、2061万円。
ハンドル位置は、左右両方から選べる。

(webCG 関)

「アウディA8 L W12 クワトロ」
「アウディA8 L W12 クワトロ」

500psの「アウディA8 L W12 クワトロ」発売の画像

500psの「アウディA8 L W12 クワトロ」発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る