日産とJAF、EVの電欠救援の実証運用を開始

2011.06.06 自動車ニュース

日産とJAF、EVの電欠救援の実証運用を開始

日本自動車連盟(JAF)と日産自動車は2011年6月6日、電気自動車(EV)用充電機能付きロードサービスカーの実証運用を6月7日から開始すると発表した。

日産は、環境省よりグリーンイノベーションの推進を目的とした「平成22年度地球温暖化対策技術開発等事業」の委託を受け、EVの電欠(電池切れ)に対応する充電システムを搭載したロードサービスカーを試作開発した。

このロードサービスカーは「日産アトラスH43」をベースとし、発電機や充電器、制御盤、ブレーカーBOXなど、EVレスキューに対応するための専用装備が与えられる。急速充電器規格「CHAdeMO(チャデモ)」方式を採用しており、「日産リーフ」「三菱i-MiEV」「スバル・プラグインステラ」などの充電が可能だ。レスキューによる充電時間は20分とされ、「リーフ」を例にとると約40km走行可能な充電量が確保される。これは、「最寄りの給電施設まで40kmあればたどり着ける」という判断によるもの。

ロードサービスカーに装備されるカーナビが「リーフ」純正のものと同じで、給電場所を地図上で検索できる機能を持つのは、“ならでは”の装備と言えるだろう。さらに、立体駐車場内で電欠した場合も想定し、全高を抑えるために警告灯と警告表示板が格納できる仕組みも採り入れられた。

この「EVレスキュー車」は、JAF神奈川支部に配備され、2011年6月7日から12月31日までの間、実証運用が行われる。神奈川県はEVに対する補助金制度の関係や、日産のお膝元であることから「リーフ」も多く走っているため、実証運用のステージに選ばれたという。

「どういった状況で電欠になるか?」「EVレスキュー車の装備が適切か?」など、本格運用に向けて必要な各種データを収集し環境省に報告する予定だ。
なお、EVレスキュー車は1台のみで、出動範囲も神奈川支部の担当圏内に限られる。期間中の充電作業は、JAF会員・非会員問わず無料。

環境省は「EVは新しいタイプのクルマということで、安心感を高めないと普及しない。EVレスキュー車の稼働でユーザーに二重三重の安心を与えることができ、EVを身近に感じることができるだろう」と、一層この分野の応援をしていきたいとしており、地球温暖化抑制への貢献度を高める考えだ。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
リーフ日産電気自動車(EV)自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記 最大航続距離400kmをうたう新型「日産リーフ」に試乗。運転支援技術「プロパイロット」の搭載など、トピックに事欠かないニューモデルだが、やっぱり気になるのは“本当の”航続可能距離。540kmにおよんだテストドライブの結果を報告する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
  • ホンダ・クロスカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.4.21 試乗記 ビジネス用途の「スーパーカブ」をベースに開発された、ホンダの小型バイク「クロスカブ」。その最新型は、「単なるバリエーションモデル」と割り切れない、独自の魅力を持っていた。
ホームへ戻る