「フィアット500」に黄黒ツートンカラーの限定車

2011.06.06 自動車ニュース

「フィアット500/500C」に黄/黒ツートンカラーの日本限定モデル

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは2011年6月6日、「フィアット500/500C」に、イエロー/ブラックのツートンカラーを採用した日本限定モデル「500 POP-BI(ポップ ビー)」「500C POP-BI(ポップ ビー)」を設定し、発売した。

「500 ポップ ビー」「500C ポップ ビー」は、それぞれ1.2リッターエンジン搭載のベーシックグレード「500 1.2 POP」「500C 1.2 POP」をベースに、内外装を新色のトロピカリアイエローとブラックでコーディネイトした、日本限定の特別仕様車だ。

足元は、専用のスポーティデザインホイールでドレスアップ。ベースモデルより1インチアップの15インチ+185/55タイヤ(500 ポップ ビー)と16インチ+195/45タイヤ(500C ポップ ビー)が装着される。フロントフォグランプも装備され、ベースモデル同様、アイドリングストップ機能「START&STOPシステム」も搭載される。さらに、500C ポップ ビーには、ブラックのレザーシートが備わる。

価格は、「500 ポップ ビー」がベース車比15万円高の210万円、「500C ポップ ビー」はベース車比10万円高の249万円。それぞれ50台、合計100台の限定販売となる。

(webCG ワタナベ)

「フィアット500 ポップ ビー」
「フィアット500 ポップ ビー」
「フィアット500 ポップ ビー」の15インチホイール。
「フィアット500 ポップ ビー」の15インチホイール。
「フィアット500C ポップ ビー」
「フィアット500C ポップ ビー」
「フィアット500C ポップ ビー」のインテリア。
「フィアット500C ポップ ビー」のインテリア。
「フィアット500C ポップ ビー」の16インチホイール。
「フィアット500C ポップ ビー」の16インチホイール。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • フィアット500Xポップスタープラス(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2015.11.19 試乗記 フィアットが初めて手がけた“Bセグメント”のクロスオーバーSUV「500X」。1.4リッターFFモデルに試乗してわかった、走りの特徴や乗り心地、燃費などを、項目ごとに詳しく報告する。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
ホームへ戻る