ダイハツ、「ムーヴコンテ」など小変更し、発売

2011.06.06 自動車ニュース

ダイハツ、「ムーヴコンテ」をマイナーチェンジ 「タント」「ミラ ココア」も一部改良

ダイハツ工業は2011年6月6日、軽乗用車「ムーヴコンテ」をマイナーチェンジするとともに、「タント」「ミラココア」を一部改良し、発売した。

今回のマイナーチェンジでは、「ムーヴコンテ」「ムーヴコンテカスタム」の自然吸気(NA)モデル全車のエンジンが、新型「ムーヴ」に搭載されている第2世代KFエンジンに変更された。また、アイドリングストップシステム「eco IDLE(エコアイドル)」を量販グレードの「X」「カスタムG」に搭載。「エコアイドル」搭載のFF車で従来型より約15%(22.0km/リッターから25.5km/リッターに)の燃費改善を実現し、NAモデル全車がエコカー減税(75%軽減レベル)の対象となった。

同時に、「タント」「タントカスタム」のNAモデル全車、「ミラココア」の4WD車も第2世代KFエンジンに変更。燃費向上の結果、「タントウェルカムシート」を除くNAモデル全車がエコカー減税の75%軽減レベルに適合した。

その他、車種別の変更点は以下の通り

●「ムーヴコンテ」「ムーヴコンテカスタム」
・平均燃費計を標準装備
・新デザインのフロントグリルを採用
・センタークラスターの色をダークシルバーに変更
・キーフリーシステム搭載車に、運転席ドアハンドルのスイッチ操作でドアの解錠・施錠ができる「リクエストスイッチ」を採用

●「タント」「タントカスタム」
・「カスタムL」に平均燃費計を標準装備
・キーフリーシステム搭載車に、リクエストスイッチを採用
・「カスタムRS」にリアオーバーヘッドコンソール(ルーフイルミネーション付)を標準装備

●「ミラココア」
・平均燃費計を標準装備
・「プラスX」「プラスG」に、照明付バニティミラー(運転席/助手席)&チケットホルダー(運転席)、フロアイルミネーション(運転席)、グローブボックスランプを標準装備
・「X Special」に14インチタイヤを標準装備

(webCG)

「ムーヴコンテ X」
「ムーヴコンテ X」
「ムーヴコンテ X」のインテリア。
「ムーヴコンテ X」のインテリア。
「ムーヴコンテカスタム RS」
「ムーヴコンテカスタム RS」
「タントカスタム X」
「タントカスタム X」
「ミラココア X Special」
「ミラココア X Special」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミラココアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA”(FF/CVT)/ムーヴX“SA”(FF/CVT)【試乗記】 2015.1.9 試乗記 これからの軽ワゴンは「走り」で勝負? 軽市場における王座奪還のため、ダイハツが満を持して投入した新型「ムーヴ」の実力を試した。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
ホームへ戻る