【スペック】アウディA1 1.4TFSI(写真手前):全長×全幅×全高=3970×1740×1440mm/ホイールベース=2465mm/車重=1210kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ(122ps/5000rpm、20.4kgm/1500-4000rpm)/価格=289万円(テスト車=386万円/バイキセノンパッケージ=15万円/レザーパッケージ=28万円/10スポークデザインアルミホイール&215/45R16タイヤ=12万円/クルーズコントロール+APS=15万円/エアコン吹き出し口カラードスリーブ=6万円/オープンスカイルーフ=21万円)

アウディA1 1.4TFSI/フォルクスワーゲン・ポロTSI【試乗記(前編)】

似ていない兄弟(前編) 2011.06.05 試乗記 アウディA1 1.4TFSI(FF/7AT)/フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)
……386万円/298万7000円

プラットフォームを共有する「アウディA1」と「フォルクスワーゲン・ポロ」。見た目も性格も全く違う2つのモデルの魅力を探るべく、リポーターは房総半島を目指した。

きっぱりと分かれる

蕎麦とうどんは、競合しない。ランチでカレーかラーメンか迷うことはあっても、蕎麦かうどんかは最初から決まっている。同じジャンルの食べ物なのに、どちらにも断固たるファンがいて、交わることがない。

「アウディA1」と「フォルクスワーゲン・ポロ」は、同じBセグメントに属すだけでなく、プラットフォームを共用する兄弟車である。でも、この2台でどちらにするか迷う人は、あまりいないように思う。共通点より相違点のほうが、はるかに目立つ。好みはきっぱりと分かれるはずだ。蕎麦とうどんほどに。

今回乗り比べたのは、A1はもっともベーシックなグレード、ポロは装備が豪華な上級グレードだ。A1が289万円でポロが242万円と47万円の差で、同一価格帯とは言えない。オプションを加えた価格はそれぞれ386万円と298万7000円で、さらに価格差は広がる。

エンジンはA1が1.4リッターターボ、ポロが1.2リッターターボで、出力は122psと105psだ。どちらも小排気量+ターボで高出力&低燃費を狙うユニットである。トランスミッションはA1が7段Sトロニック、ポロが7段DSG、要するに同じだ(ギア比は違う)。

3ナンバーと5ナンバーに分かれるのは、全幅の違いによる。A1が1740mmで、ポロは1685mmなのだ。全長は逆にポロのほうが25mm長い。大きく異なるのはタイヤサイズである。A1は215/45R16(オプション)の扁平(へんぺい)タイヤを履くが、ポロは185/60R15と穏健派だ。この違いは、乗り味に決定的な差をもたらしていたように思う。


アウディA1 1.4TFSI/フォルクスワーゲン・ポロTSI【試乗記(前編)】の画像
【スペック】フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(写真手前):全長×全幅×全高=3995×1685×1475mm/ホイールベース=2470mm/重量=1100kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4SOHC8バルブターボ(105ps/5000rpm、17.8kgm/1550-4100rpm)/価格=242万円(テスト車=298万7000円/HDDカーナビゲーションシステムRNS510=28万3500円/バイキセノンヘッドランプ&ヘッドライトウォッシャー=12万6000円/アルカンターラ&レザレットシート=15万7500円)
【スペック】フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(写真手前):全長×全幅×全高=3995×1685×1475mm/ホイールベース=2470mm/重量=1100kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4SOHC8バルブターボ(105ps/5000rpm、17.8kgm/1550-4100rpm)/価格=242万円(テスト車=298万7000円/HDDカーナビゲーションシステムRNS510=28万3500円/バイキセノンヘッドランプ&ヘッドライトウォッシャー=12万6000円/アルカンターラ&レザレットシート=15万7500円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)【ブリーフテスト】 2015.9.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】NEW 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る