ロータス・エヴォーラにATモデルが登場

2011.06.03 自動車ニュース

「ロータス・エヴォーラ」にATモデルが登場

英国ロータスカーズの正規輸入代理店LCIは2011年6月3日、ミドシップスポーツカー「エヴォーラ」にATモデル「エヴォーラIPS」を追加設定し、発売した。

2009年1日に日本上陸、6月に発売されたロータスのミドシップスポーツカー「エヴォーラ」。これまでそのトランスミッションは6段MTのみだったが、新たに6段ATモデルが加わった。

「IPS(インテリジェント・プレシジョン・シフト)」と呼ばれるオートマチックトランスミッションは、エンジン本体と同様、トヨタ自動車から供給されるもの。はやりのデュアルクラッチ式MTではなく、伝統的なトルクコンバーター式のATで、標準で備わるスポーツモード選択ボタンを押せば、オートマ走行時の変速回転数をより高めることもできる。
ステアリングホイールの裏側にはシフトパドルが備わっており、手動による変速も可能だ。

エンジンそのもののパフォーマンス(280ps/6400rpm、35.7kgm/4600rpm)はこれまでのMTモデルと変わらないが、レブリミットは6600rpmから6500rpmとわずかに低下。最高速度は、MT車の261km/hよりやや控えめな、250km/hとなる。

また、トランスミッションの変更にともない、車重が60kg増加し(1390kg→1450kg)、最低地上高は15mm低くなる(125mm→110mm)が、そのほか、外観におけるMTモデルとの違いはない。

ラインナップはMTモデル同様、定員4名の「2+2」と後部座席を廃した「2+0」の2種類。価格は前者が937万5000円で、後者が895万5000円。ともにMTモデルより45万円高となっている。

(webCG 関)

「ロータス・エヴォーラIPS」
「ロータス・エヴォーラIPS」
センターコンソールのアップ。MTのシフトレバーに代えて、走行モードの選択ボタンが備わる。
センターコンソールのアップ。MTのシフトレバーに代えて、走行モードの選択ボタンが備わる。
手動変速は、ステアリングホイール付近のシフトパドルで行う。
手動変速は、ステアリングホイール付近のシフトパドルで行う。

ロータス・エヴォーラにATモデルが登場の画像

関連キーワード:
エヴォーラロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エキシージS(MR/6MT)【試乗記】 2013.8.24 試乗記 1.2トンのボディーに350psのV6スーパーチャージドエンジンを搭載した新型「ロータス・エキシージS」が日本上陸。その走りを箱根で試した。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • マツダCX-8【開発者インタビュー】 2017.9.14 試乗記 日本におけるマツダの新しいフラッグシップSUV「CX-8」がいよいよデビューした。ミニバン市場から撤退し、未知のジャンルである3列シートSUVの開発に賭けるという決断に至った背景とは? 開発責任者の松岡英樹さんに話を伺った。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
ホームへ戻る