ロータス・エヴォーラにATモデルが登場

2011.06.03 自動車ニュース

「ロータス・エヴォーラ」にATモデルが登場

英国ロータスカーズの正規輸入代理店LCIは2011年6月3日、ミドシップスポーツカー「エヴォーラ」にATモデル「エヴォーラIPS」を追加設定し、発売した。

2009年1日に日本上陸、6月に発売されたロータスのミドシップスポーツカー「エヴォーラ」。これまでそのトランスミッションは6段MTのみだったが、新たに6段ATモデルが加わった。

「IPS(インテリジェント・プレシジョン・シフト)」と呼ばれるオートマチックトランスミッションは、エンジン本体と同様、トヨタ自動車から供給されるもの。はやりのデュアルクラッチ式MTではなく、伝統的なトルクコンバーター式のATで、標準で備わるスポーツモード選択ボタンを押せば、オートマ走行時の変速回転数をより高めることもできる。
ステアリングホイールの裏側にはシフトパドルが備わっており、手動による変速も可能だ。

エンジンそのもののパフォーマンス(280ps/6400rpm、35.7kgm/4600rpm)はこれまでのMTモデルと変わらないが、レブリミットは6600rpmから6500rpmとわずかに低下。最高速度は、MT車の261km/hよりやや控えめな、250km/hとなる。

また、トランスミッションの変更にともない、車重が60kg増加し(1390kg→1450kg)、最低地上高は15mm低くなる(125mm→110mm)が、そのほか、外観におけるMTモデルとの違いはない。

ラインナップはMTモデル同様、定員4名の「2+2」と後部座席を廃した「2+0」の2種類。価格は前者が937万5000円で、後者が895万5000円。ともにMTモデルより45万円高となっている。

(webCG 関)

「ロータス・エヴォーラIPS」
「ロータス・エヴォーラIPS」 拡大
センターコンソールのアップ。MTのシフトレバーに代えて、走行モードの選択ボタンが備わる。
センターコンソールのアップ。MTのシフトレバーに代えて、走行モードの選択ボタンが備わる。 拡大
手動変速は、ステアリングホイール付近のシフトパドルで行う。
手動変速は、ステアリングホイール付近のシフトパドルで行う。 拡大

ロータス・エヴォーラにATモデルが登場の画像 拡大

関連キーワード:
エヴォーラロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
ホームへ戻る