ロータス・エヴォーラにATモデルが登場

2011.06.03 自動車ニュース

「ロータス・エヴォーラ」にATモデルが登場

英国ロータスカーズの正規輸入代理店LCIは2011年6月3日、ミドシップスポーツカー「エヴォーラ」にATモデル「エヴォーラIPS」を追加設定し、発売した。

2009年1日に日本上陸、6月に発売されたロータスのミドシップスポーツカー「エヴォーラ」。これまでそのトランスミッションは6段MTのみだったが、新たに6段ATモデルが加わった。

「IPS(インテリジェント・プレシジョン・シフト)」と呼ばれるオートマチックトランスミッションは、エンジン本体と同様、トヨタ自動車から供給されるもの。はやりのデュアルクラッチ式MTではなく、伝統的なトルクコンバーター式のATで、標準で備わるスポーツモード選択ボタンを押せば、オートマ走行時の変速回転数をより高めることもできる。
ステアリングホイールの裏側にはシフトパドルが備わっており、手動による変速も可能だ。

エンジンそのもののパフォーマンス(280ps/6400rpm、35.7kgm/4600rpm)はこれまでのMTモデルと変わらないが、レブリミットは6600rpmから6500rpmとわずかに低下。最高速度は、MT車の261km/hよりやや控えめな、250km/hとなる。

また、トランスミッションの変更にともない、車重が60kg増加し(1390kg→1450kg)、最低地上高は15mm低くなる(125mm→110mm)が、そのほか、外観におけるMTモデルとの違いはない。

ラインナップはMTモデル同様、定員4名の「2+2」と後部座席を廃した「2+0」の2種類。価格は前者が937万5000円で、後者が895万5000円。ともにMTモデルより45万円高となっている。

(webCG 関)

「ロータス・エヴォーラIPS」
「ロータス・エヴォーラIPS」
センターコンソールのアップ。MTのシフトレバーに代えて、走行モードの選択ボタンが備わる。
センターコンソールのアップ。MTのシフトレバーに代えて、走行モードの選択ボタンが備わる。
手動変速は、ステアリングホイール付近のシフトパドルで行う。
手動変速は、ステアリングホイール付近のシフトパドルで行う。

ロータス・エヴォーラにATモデルが登場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エヴォーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る