350psの「ロータス・エヴォーラS」発売

2011.06.03 自動車ニュース

350psの「ロータス・エヴォーラS」発売

英国ロータスカーズの正規輸入代理店LCIは2011年6月3日、ミドシップスポーツカー「エヴォーラ」のハイパフォーマンス版「エヴォーラS」を日本に導入。同日に発売した。

ロータスのミドシップスポーツカー「エヴォーラ」シリーズに、さらに強力な「エヴォーラS」が追加された。

ミドに搭載されるトヨタ製3.5リッターV6エンジンにはイートン製のスーパーチャージャーが組み合わされ、最高出力は「エヴォーラ」の280ps/6400rpmから350ps/7000rpmにアップ。最大トルクも35.7kgm/4600rpmから40.8kgm/4500rpmへと引き上げられた。

さらに、ノーマルの「エヴォーラ」ではオプション扱いとなる「スポーツパック」、すなわち、スポーツモードの切り替えスイッチやベンチレーテッド・クロスドリルド・ブレーキディスク、ブラックペイントブレーキキャリパー、オイルクーラーなども標準装備。
外観上も、黒いミラーキャップやステルスグレイのアルミホイール、大型リアディフューザー、ステンレス製スポーツエグゾーストテールパイプが与えられ、ノーマルとの差別化が図られる。

結果、車重はノーマル比50kg増しの1440kgとなるものの、最高速度は261km/hから277km/hへと向上。「シリアスなサーキット走行も可能な、エキサイティングな日常ユースのスポーツカー」(プレスリリース)に仕上がっているという。

なお、トランスミッションは6段MTのみで、同時に発売された「エヴォーラIPS」の6段ATは採用されない。
価格は、定員4名の「2+2」が1062万5000円で、後部座席を廃した「2+0」が1020万5000円。どちらも「エヴォーラ」に比べ170万円高となる。

(webCG 関)

「ロータス・エヴォーラS」
「ロータス・エヴォーラS」

350psの「ロータス・エヴォーラS」発売の画像
「エヴォーラS」のステンレス製スポーツエグゾーストテールパイプ。
「エヴォーラS」のステンレス製スポーツエグゾーストテールパイプ。
フードを開けるやイートン製のスーパーチャージャーが出迎える、エンジンルームの様子。
フードを開けるやイートン製のスーパーチャージャーが出迎える、エンジンルームの様子。
350psの「ロータス・エヴォーラS」発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エヴォーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 特集 スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
ホームへ戻る