350psの「ロータス・エヴォーラS」発売

2011.06.03 自動車ニュース

350psの「ロータス・エヴォーラS」発売

英国ロータスカーズの正規輸入代理店LCIは2011年6月3日、ミドシップスポーツカー「エヴォーラ」のハイパフォーマンス版「エヴォーラS」を日本に導入。同日に発売した。

ロータスのミドシップスポーツカー「エヴォーラ」シリーズに、さらに強力な「エヴォーラS」が追加された。

ミドに搭載されるトヨタ製3.5リッターV6エンジンにはイートン製のスーパーチャージャーが組み合わされ、最高出力は「エヴォーラ」の280ps/6400rpmから350ps/7000rpmにアップ。最大トルクも35.7kgm/4600rpmから40.8kgm/4500rpmへと引き上げられた。

さらに、ノーマルの「エヴォーラ」ではオプション扱いとなる「スポーツパック」、すなわち、スポーツモードの切り替えスイッチやベンチレーテッド・クロスドリルド・ブレーキディスク、ブラックペイントブレーキキャリパー、オイルクーラーなども標準装備。
外観上も、黒いミラーキャップやステルスグレイのアルミホイール、大型リアディフューザー、ステンレス製スポーツエグゾーストテールパイプが与えられ、ノーマルとの差別化が図られる。

結果、車重はノーマル比50kg増しの1440kgとなるものの、最高速度は261km/hから277km/hへと向上。「シリアスなサーキット走行も可能な、エキサイティングな日常ユースのスポーツカー」(プレスリリース)に仕上がっているという。

なお、トランスミッションは6段MTのみで、同時に発売された「エヴォーラIPS」の6段ATは採用されない。
価格は、定員4名の「2+2」が1062万5000円で、後部座席を廃した「2+0」が1020万5000円。どちらも「エヴォーラ」に比べ170万円高となる。

(webCG 関)

「ロータス・エヴォーラS」
「ロータス・エヴォーラS」

350psの「ロータス・エヴォーラS」発売の画像
「エヴォーラS」のステンレス製スポーツエグゾーストテールパイプ。
「エヴォーラS」のステンレス製スポーツエグゾーストテールパイプ。
フードを開けるやイートン製のスーパーチャージャーが出迎える、エンジンルームの様子。
フードを開けるやイートン製のスーパーチャージャーが出迎える、エンジンルームの様子。
350psの「ロータス・エヴォーラS」発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エヴォーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エキシージS(MR/6MT)【試乗記】 2013.8.24 試乗記 1.2トンのボディーに350psのV6スーパーチャージドエンジンを搭載した新型「ロータス・エキシージS」が日本上陸。その走りを箱根で試した。
  • ロータス・エリーゼS(MR/6MT)【試乗記】 2012.9.14 試乗記 ロータス・エリーゼS(MR/6MT)
    ……713万4000円

    新世代のエクステリアをまとい、日本の道に“復活”した「ロータス・エリーゼS」。スーパーチャージャーで武装した、最新型ライトウェイトスポーツカーの走りをリポートする。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る