350psの「ロータス・エヴォーラS」発売

2011.06.03 自動車ニュース

350psの「ロータス・エヴォーラS」発売

英国ロータスカーズの正規輸入代理店LCIは2011年6月3日、ミドシップスポーツカー「エヴォーラ」のハイパフォーマンス版「エヴォーラS」を日本に導入。同日に発売した。

ロータスのミドシップスポーツカー「エヴォーラ」シリーズに、さらに強力な「エヴォーラS」が追加された。

ミドに搭載されるトヨタ製3.5リッターV6エンジンにはイートン製のスーパーチャージャーが組み合わされ、最高出力は「エヴォーラ」の280ps/6400rpmから350ps/7000rpmにアップ。最大トルクも35.7kgm/4600rpmから40.8kgm/4500rpmへと引き上げられた。

さらに、ノーマルの「エヴォーラ」ではオプション扱いとなる「スポーツパック」、すなわち、スポーツモードの切り替えスイッチやベンチレーテッド・クロスドリルド・ブレーキディスク、ブラックペイントブレーキキャリパー、オイルクーラーなども標準装備。
外観上も、黒いミラーキャップやステルスグレイのアルミホイール、大型リアディフューザー、ステンレス製スポーツエグゾーストテールパイプが与えられ、ノーマルとの差別化が図られる。

結果、車重はノーマル比50kg増しの1440kgとなるものの、最高速度は261km/hから277km/hへと向上。「シリアスなサーキット走行も可能な、エキサイティングな日常ユースのスポーツカー」(プレスリリース)に仕上がっているという。

なお、トランスミッションは6段MTのみで、同時に発売された「エヴォーラIPS」の6段ATは採用されない。
価格は、定員4名の「2+2」が1062万5000円で、後部座席を廃した「2+0」が1020万5000円。どちらも「エヴォーラ」に比べ170万円高となる。

(webCG 関)

「ロータス・エヴォーラS」
「ロータス・エヴォーラS」

350psの「ロータス・エヴォーラS」発売の画像
「エヴォーラS」のステンレス製スポーツエグゾーストテールパイプ。
「エヴォーラS」のステンレス製スポーツエグゾーストテールパイプ。
フードを開けるやイートン製のスーパーチャージャーが出迎える、エンジンルームの様子。
フードを開けるやイートン製のスーパーチャージャーが出迎える、エンジンルームの様子。
350psの「ロータス・エヴォーラS」発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.1 試乗記 高級車市場において、かつて考えられなかったほど多くの支持を集める、現代のベントレー。最高出力528psのオープンモデル「コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル」に試乗し、人気の理由や今後の課題について考えた。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る