350psの「ロータス・エヴォーラS」発売

2011.06.03 自動車ニュース

350psの「ロータス・エヴォーラS」発売

英国ロータスカーズの正規輸入代理店LCIは2011年6月3日、ミドシップスポーツカー「エヴォーラ」のハイパフォーマンス版「エヴォーラS」を日本に導入。同日に発売した。

ロータスのミドシップスポーツカー「エヴォーラ」シリーズに、さらに強力な「エヴォーラS」が追加された。

ミドに搭載されるトヨタ製3.5リッターV6エンジンにはイートン製のスーパーチャージャーが組み合わされ、最高出力は「エヴォーラ」の280ps/6400rpmから350ps/7000rpmにアップ。最大トルクも35.7kgm/4600rpmから40.8kgm/4500rpmへと引き上げられた。

さらに、ノーマルの「エヴォーラ」ではオプション扱いとなる「スポーツパック」、すなわち、スポーツモードの切り替えスイッチやベンチレーテッド・クロスドリルド・ブレーキディスク、ブラックペイントブレーキキャリパー、オイルクーラーなども標準装備。
外観上も、黒いミラーキャップやステルスグレイのアルミホイール、大型リアディフューザー、ステンレス製スポーツエグゾーストテールパイプが与えられ、ノーマルとの差別化が図られる。

結果、車重はノーマル比50kg増しの1440kgとなるものの、最高速度は261km/hから277km/hへと向上。「シリアスなサーキット走行も可能な、エキサイティングな日常ユースのスポーツカー」(プレスリリース)に仕上がっているという。

なお、トランスミッションは6段MTのみで、同時に発売された「エヴォーラIPS」の6段ATは採用されない。
価格は、定員4名の「2+2」が1062万5000円で、後部座席を廃した「2+0」が1020万5000円。どちらも「エヴォーラ」に比べ170万円高となる。

(webCG 関)

「ロータス・エヴォーラS」
「ロータス・エヴォーラS」

350psの「ロータス・エヴォーラS」発売の画像
「エヴォーラS」のステンレス製スポーツエグゾーストテールパイプ。
「エヴォーラS」のステンレス製スポーツエグゾーストテールパイプ。
フードを開けるやイートン製のスーパーチャージャーが出迎える、エンジンルームの様子。
フードを開けるやイートン製のスーパーチャージャーが出迎える、エンジンルームの様子。
350psの「ロータス・エヴォーラS」発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エヴォーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
ホームへ戻る