国内自動車メーカー、休日を木・金曜日に変更

2011.06.02 自動車ニュース

国内自動車メーカー、休日を木・金曜日に変更

国内の自動車メーカー8社は、7月〜9月の休日を木曜日、金曜日に変更すると発表した。

国内主要自動車メーカーである、スズキ、ダイハツ、トヨタ、日産、富士重工(スバル)、ホンダ、マツダ、三菱の8社は、夏場の電力需要抑制の観点から、7月1日から9月30日(ホンダは6月30日から)の3カ月間、休日を土曜日、日曜日から木曜日、金曜日に振りかえる。
これは、先に日本自動車工業会が決定した方針に添うものだ。

このほかにも勤務時間の変更や空調設定温度の変更など、各社それぞれが夏季の節電対応策を打ちだしている。

(webCG 本諏訪)

写真は本田技研工業の浜松製作所。
写真は本田技研工業の浜松製作所。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。