【スペック】全長×全幅×全高=4650×1880×1675mm/ホイールベース=2810mm/車重=1930kg/駆動方式=4WD/3リッター直6 DOHC24バルブターボ(306ps/5800rpm、40.8kgm/1200-5000rpm)/価格=694万円(テスト車=747万6000円)

BMW X3 xDrive35i(4WD/8AT)【ブリーフテスト】

BMW X3 xDrive35i(4WD/8AT) 2011.06.02 試乗記 ……747万6000円
総合評価……★★★★

BMW「Xシリーズ」の中核モデル「X3」が2代目にバトンタッチ。その実力を、ターボエンジン搭載の上位グレードで試した。

エンジンメーカーの面目躍如

「X5」ほど大きすぎず、重すぎず。「X1」ほどは狭くなく。BMWのSUV「Xシリーズ」の中庸、というよりベストのサイズ。扱いやすい大きさにして、高性能と好燃費を両立したモデルである。
今回のテストでは231km走って、34.7リッターの燃料消費。燃費はおよそ6.7km/リッターにとどまったが、8段あるスムーズなATは効率よく働いて、普通の市街地でも2000rpm以下で8速を含めた上位のギアに送り込める。ことさら急がずに加速すれば、低燃費に徹した運転が可能だ。

しかし今回は、高速道路の料金所あとのフル加速を何度か楽しんでしまったため、総平均では好成績を残せなかった。2トン近い重量をものともせず、6500rpm付近のリミットまで一切のストレスを感じさせない吹け上がりは、見事というほかなく、「BMWはやはりエンジンメーカーである」ということを再認識させてくれた。普段はつつましくしていても、イザとなれば本領発揮するこの高性能ぶりは、BMWの魅力をあますことなく伝えてくれる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X5 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2014.1.8 試乗記 プレミアムSUVのパイオニア「BMW X5」が、通算で3代目となる新型に移行した。外観からは「キープコンセプト」に見える今回のモデルチェンジは「攻め」か「守り」か? 3リッターディーゼルエンジンを搭載する「X5 xDrive35d Mスポーツ」で箱根のワインディングロードを目指した。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る