「プジョーRCZ」初の特別仕様車、2モデル発売

2011.06.02 自動車ニュース
「プジョーRCZアスファルト」
「プジョーRCZ」初となる特別仕様車が発売に

「プジョーRCZ」初の特別仕様車、2モデル発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2011年6月2日、スポーツクーペ「RCZ」に、特別仕様車「RCZ Asphalt(アスファルト)」と「RCZ Black Edition(ブラックエディション)」を設定。同日販売を開始した。

「プジョーRCZブラックエディション」
「プジョーRCZ」初となる特別仕様車が発売に

■限定30台の「アスファルト」

左ハンドルの6MTモデルをベースとする「RCZアスファルト」は、プジョーロゴをあしらったブラックナッパレザーシートをはじめ、ドアステップガード、エンブレムなどに専用品が用いられた特別仕様車。さらに、19インチのアロイホイール「ソルスティス」やブラックブレーキキャリパーも付与される。
なお車名となる「アスファルト」は、「路面に吸い付くような走行性能」に由来しているという。

価格はベース車より17万円高の440万円。ボディカラーはマーキュリー・グレーのみで、30台の限定販売となる。

■「ブラックエディション」は今年いっぱい

右ハンドルの6ATモデルと左ハンドルの6MTモデル両方に設定される特別仕様車「RCZブラックエディション」は、その名のとおり、エクステリアを黒で統一したモデルだ。ボディはペルラネラブラックに塗られ、フロントグリル、アルミホイール(19インチアロイホイール「ソルティレージュ」)、ブレーキキャリパーも黒くされている。

価格は6ATが415万円、6MTが437万円となり、それぞれベース車より16万円と14万円高い設定。こちらは2011年12月まで注文を受け付ける、期間限定の受注生産モデルだ。

(webCG 本諏訪)

関連記事
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
ホームへ戻る