「プジョーRCZ」初の特別仕様車、2モデル発売

2011.06.02 自動車ニュース
「プジョーRCZアスファルト」
「プジョーRCZ」初となる特別仕様車が発売に

「プジョーRCZ」初の特別仕様車、2モデル発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2011年6月2日、スポーツクーペ「RCZ」に、特別仕様車「RCZ Asphalt(アスファルト)」と「RCZ Black Edition(ブラックエディション)」を設定。同日販売を開始した。

「プジョーRCZブラックエディション」
「プジョーRCZ」初となる特別仕様車が発売に

■限定30台の「アスファルト」

左ハンドルの6MTモデルをベースとする「RCZアスファルト」は、プジョーロゴをあしらったブラックナッパレザーシートをはじめ、ドアステップガード、エンブレムなどに専用品が用いられた特別仕様車。さらに、19インチのアロイホイール「ソルスティス」やブラックブレーキキャリパーも付与される。
なお車名となる「アスファルト」は、「路面に吸い付くような走行性能」に由来しているという。

価格はベース車より17万円高の440万円。ボディカラーはマーキュリー・グレーのみで、30台の限定販売となる。

■「ブラックエディション」は今年いっぱい

右ハンドルの6ATモデルと左ハンドルの6MTモデル両方に設定される特別仕様車「RCZブラックエディション」は、その名のとおり、エクステリアを黒で統一したモデルだ。ボディはペルラネラブラックに塗られ、フロントグリル、アルミホイール(19インチアロイホイール「ソルティレージュ」)、ブレーキキャリパーも黒くされている。

価格は6ATが415万円、6MTが437万円となり、それぞれベース車より16万円と14万円高い設定。こちらは2011年12月まで注文を受け付ける、期間限定の受注生産モデルだ。

(webCG 本諏訪)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーRCZ R(FF/6MT)【試乗記】 2014.4.17 試乗記 プジョースポールが手がけたハイスペックな「RCZ」に試乗。270psを生み出す1.6リッターターボユニットを搭載する「RCZ R」は、ドライバーに何を語りかけてくるのか? 箱根のワインディングロードを行く。
  • プジョーRCZ(FF/6MT)【試乗記】 2013.7.16 試乗記 デビューから3年を経て、マイナーチェンジが施された「プジョーRCZ」。新たな顔を得た“個性派クーペ”の実力を、あらためてチェックした。
  • プジョーRCZ(FF/6AT)【試乗記】 2010.10.28 試乗記 プジョーRCZ(FF/6AT)
    ……399万円

    プジョーの超個性派クーペ「RCZ」は、乗ってみても印象的? 右ハンドルのオートマモデルで、走りと乗り心地を試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
ホームへ戻る