「MINIクラブマン」にスポーティな限定車

2011.06.01 自動車ニュース

「MINIクラブマン」にスポーティな限定車

BMWジャパンは2011年6月1日、「MINIクラブマン」にスポーティな装備を施した特別仕様車「MINIクラブマン ハンプトン」を設定し、販売を開始した。2012年2月までの期間限定生産モデルとなる。

今回の特別仕様車「MINIクラブマン ハンプトン」は、MINIクラブマンの前身ともいえる「モーリス・ミニ・トラベラー」や「オースティン・ミニ・カントリーマン」誕生50周年を記念したアニバーサリーモデルである。

スポーティなデザインをより強調したという同車は、ボディカラーに特別専用色「リーフ・ブルー」をはじめとする3色が用意され、ルーフカラーもボディ同色を含む3パターンから選択できる。赤いミラーキャップやボンネットストライプも「ハンプトン」専用の装備となる。
さらに、専用デザインのサイドスカットルやアルミホイール、「誕生50周年」を意味する「50」がデザインされたグリルバッジなども装着。インテリアにもアンスラサイトのスピード&タコメーター、ブラックレザーのラウンジシート(赤いパイピング入り)など、こちらも専用装備が与えられる。「ハンプトン」の頭文字である「H」も、いたるところに配置。そのほか、ホワイトターンシグナルライトやマルチファンクションステアリングなどのオプション装備も付与された。

価格は「MINIクーパークラブマン ハンプトン」が324万9000円(6MT)と347万9000円(6AT)、「MINIクーパーSクラブマン ハンプトン」が366万円(6MT)と379万円(6AT)。クーパーでは約93万円分、クーパーSは約73万円分の追加装備がありながら、ベースモデルに比べるとそれぞれ45万円と38万円高という、お買い得感のある価格に設定されている。

(webCG 本諏訪)

「MINIクラブマン ハンプトン」
「MINIクラブマン ハンプトン」

「MINIクラブマン」にスポーティな限定車の画像

「MINIクラブマン」にスポーティな限定車の画像

「MINIクラブマン」にスポーティな限定車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクラブマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.1.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーSクラブマン」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【レビュー】 2016.1.15 試乗記 2007年に登場したMINIのステーションワゴン「クラブマン」が2代目にフルモデルチェンジ。パワフルな2リッターターボを搭載した上級グレード「クーパーS」の試乗を通して、大幅なサイズアップの裏側に垣間見えるBMWの戦略を探った。
ホームへ戻る