第430回:どこまでヤルの? VW流ハイクオリティ戦略 新型「ゴルフカブリオレ」は“味のオープン”だっ!!

2011.06.01 エッセイ

第430回:どこまでヤルの? VW流ハイクオリティ戦略新型「ゴルフカブリオレ」は“味のオープン”だっ!!

予想を超えた出来の良さ

ヤルよヤルヤルとは思ってたけど、ちょっとビックリ。ホントにここまでヤルか! って感じですよ。新型「フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ」。

先日、“世界の保養地”ニースでグローバル試乗会があり、不肖・小沢も日差しサンサンと降り注ぐコートダジュールの空の下にはせ参じたわけですが、なにより当のクルマの出来にビックリ。

スタイルや実用性もさることながら、そのクオリティ、いや“味”にね。アウトラインをざっと言うと、新型ゴルフカブリオレは大ざっぱに3代目、厳密には4代目に当たる。
初代は79年に「ゴルフI」ベースで生まれて10年以上造られ、2代目が91年登場の「ゴルフIII」の時代に生まれてフェイスリフトされつつ3代目となって「ゴルフIV」の時代まで生き、今年2011年に現行「ゴルフVI」をベースに新型が生まれたわけだけど、出来の良さはある程度想像がついていたわけです。

というのも、最近のフォルクスワーゲン車はどれも質感がハンパなく、中でもゴルフVIは、現フォルクスワーゲングループ総帥ヴィンターコーンが直々「史上最高のゴルフ」と言い切る出来の良さ。
ボディ剛性はもちろん、エンジンの緻密さ、ステアリング、ブレーキのタッチと全域にわたり、“ドイツ質感バカ”(失礼!)と言いたくなるほどのこだわりぶりで、個人的には「味のフォルクスワーゲン戦略」と呼んでおりました。

ついでにジマンの小排気量直噴ターボのTSIエンジンはエコ性能も高く、コンパクト系なら実燃費でリッター15kmは楽勝だし、フォルクスワーゲン車はそのほとんどがパッケージ効率もいいけど、それ以上に安定しているのは質感。データで分かるところ以上に、体と心に直接訴える“味”で勝負してきてるブランドなわけよね。老舗の和菓子屋よろしく。

実際フォルクスワーゲングループは台数を伸ばしてて、世界一位のトヨタを猛追中なわけで、その戦略は目下大成功。新型ゴルフカブリオレも、手抜きナシで来るとは想像しておりました。とはいえ、ここまでヤルとは……!


第430回:どこまでヤルの? VW流ハイクオリティ戦略 新型「ゴルフカブリオレ」は“味のオープン”だっ!!の画像

第430回:どこまでヤルの? VW流ハイクオリティ戦略 新型「ゴルフカブリオレ」は“味のオープン”だっ!!の画像
試乗会場には、ご先祖「ゴルフI」ベースのカブリオレも姿を見せた。
試乗会場には、ご先祖「ゴルフI」ベースのカブリオレも姿を見せた。
インテリア。ドアは2枚で、定員は4名。リアシートを倒せば、長尺物を荷室から貫通させて積むこともできる。
インテリア。ドアは2枚で、定員は4名。リアシートを倒せば、長尺物を荷室から貫通させて積むこともできる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』