【スペック】全長×全幅×全高=3655×1625×1500mm/ホイールベース=2300mm/車重=1120kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ(180ps/5500rpm、25.5kgm/3000rpm)/価格=569万5000円(テスト車=同じ)

アバルト695トリブートフェラーリ(FF/5AT)【試乗記】

FFのフェラーリ? 2011.06.01 試乗記 アバルト695トリブートフェラーリ(FF/5AT)
……569万5000円(テスト車=同じ)

「フィアット500」をベースにチューンした「アバルト500」の、そのまたハイチューン版コンプリートカーが、「アバルト695トリブートフェラーリ」だ。“アバルト”と“フェラーリ”、ふたつのブランドを冠するスーパーハッチの乗り味は?

パワーもトルクもてんこ盛り

世界限定1696台。いわば親戚のすごいお金持ちみたいなフェラーリとのコラボレーションから生まれた、最も過激なフィアットが「アバルト695トリブート フェラーリ」である。ちなみに"695"とは、ルパン三世でおなじみの先代「500」をカリカリにイジったアバルトの名作だ。

しかし、60〜70年代に名をはせたアバルトといえば、「フェラーリなにするものぞ」の気迫を感じさせるスモール・フィアットの熱血チューナーだった。それがなぜ今になってハイソなスーパーカーにスリ寄っちゃうの!? なんていうのは年寄りの繰り言だ。アバルトは、とっくにフィアットの1ブランド、いや1グレードに過ぎない存在になっている。とはいえ、フィアットのスポーツ事業部として可能性は大きい。WRC参戦なんて話もある。使えるものは使って、ここで一気にサソリマークのプレゼンスを復興させたい、その広告塔がフェラーリのエンブレムを付けた限定版アバルト・フィアットというわけだ。

ベースはもちろん「アバルト500」。1.4リッター4気筒ターボの基本は同じだが、パワーは135psから180psに、トルクは21.0kgmから25.5kgmに大幅アップしている。そこにフェラーリがどうコミットしたのかは明らかにされていないが、確実なことはこのピッコロ・フィアットが、「フェラーリを名乗ってもいいよ」と言われていることである。

リアフェンダーには、「アバルト」と「フェラーリ」の名が一緒に刻まれた専用エンブレムが備わる。
リアフェンダーには、「アバルト」と「フェラーリ」の名が一緒に刻まれた専用エンブレムが備わる。
パドルシフト付きの専用ステアリングホイールやカーボンファイバーの加飾パネルが備わるインテリア。
パドルシフト付きの専用ステアリングホイールやカーボンファイバーの加飾パネルが備わるインテリア。
シートは専用のバケットタイプ「アバルトコルサbyサベルト」となる。このシート、ホールド性が高められているだけでなく、標準のものより10kgほど軽量化されているという。
シートは専用のバケットタイプ「アバルトコルサbyサベルト」となる。このシート、ホールド性が高められているだけでなく、標準のものより10kgほど軽量化されているという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

695トリブートフェラーリの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アバルト595 2017.2.20 画像・写真 FCAジャパンは2017年2月17日、マイナーチェンジを施した「アバルト595」シリーズを発表した。発売は2月25日。前後バンパーのデザインがよりアグレッシブになり、エアインテークには「ABARTH」の浮き文字があしらわれた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • 「アバルト595」シリーズがマイナーチェンジ 2017.2.20 自動車ニュース FCAジャパンは2017年2月17日、マイナーチェンジを施した「アバルト595」シリーズを発表した。同年2月25日に発売する。
  • FCA合同試乗会(前編)【試乗記】 2016.4.16 試乗記 大磯ロングビーチに特設のジムカーナコースが出現! FCAがフィアット、アルファ・ロメオ、アバルトの最新モデルを一度に試すことができる特別試乗会を開催した。前編では、刺激的な走りが身上の、アバルト各モデルの魅力をリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
ホームへ戻る