【スペック】全長×全幅×全高=3655×1625×1500mm/ホイールベース=2300mm/車重=1120kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ(180ps/5500rpm、25.5kgm/3000rpm)/価格=569万5000円(テスト車=同じ)

アバルト695トリブートフェラーリ(FF/5AT)【試乗記】

FFのフェラーリ? 2011.06.01 試乗記 アバルト695トリブートフェラーリ(FF/5AT)
……569万5000円(テスト車=同じ)

「フィアット500」をベースにチューンした「アバルト500」の、そのまたハイチューン版コンプリートカーが、「アバルト695トリブートフェラーリ」だ。“アバルト”と“フェラーリ”、ふたつのブランドを冠するスーパーハッチの乗り味は?

パワーもトルクもてんこ盛り

世界限定1696台。いわば親戚のすごいお金持ちみたいなフェラーリとのコラボレーションから生まれた、最も過激なフィアットが「アバルト695トリブート フェラーリ」である。ちなみに"695"とは、ルパン三世でおなじみの先代「500」をカリカリにイジったアバルトの名作だ。

しかし、60〜70年代に名をはせたアバルトといえば、「フェラーリなにするものぞ」の気迫を感じさせるスモール・フィアットの熱血チューナーだった。それがなぜ今になってハイソなスーパーカーにスリ寄っちゃうの!? なんていうのは年寄りの繰り言だ。アバルトは、とっくにフィアットの1ブランド、いや1グレードに過ぎない存在になっている。とはいえ、フィアットのスポーツ事業部として可能性は大きい。WRC参戦なんて話もある。使えるものは使って、ここで一気にサソリマークのプレゼンスを復興させたい、その広告塔がフェラーリのエンブレムを付けた限定版アバルト・フィアットというわけだ。

ベースはもちろん「アバルト500」。1.4リッター4気筒ターボの基本は同じだが、パワーは135psから180psに、トルクは21.0kgmから25.5kgmに大幅アップしている。そこにフェラーリがどうコミットしたのかは明らかにされていないが、確実なことはこのピッコロ・フィアットが、「フェラーリを名乗ってもいいよ」と言われていることである。

リアフェンダーには、「アバルト」と「フェラーリ」の名が一緒に刻まれた専用エンブレムが備わる。
リアフェンダーには、「アバルト」と「フェラーリ」の名が一緒に刻まれた専用エンブレムが備わる。
パドルシフト付きの専用ステアリングホイールやカーボンファイバーの加飾パネルが備わるインテリア。
パドルシフト付きの専用ステアリングホイールやカーボンファイバーの加飾パネルが備わるインテリア。
シートは専用のバケットタイプ「アバルトコルサbyサベルト」となる。このシート、ホールド性が高められているだけでなく、標準のものより10kgほど軽量化されているという。
シートは専用のバケットタイプ「アバルトコルサbyサベルト」となる。このシート、ホールド性が高められているだけでなく、標準のものより10kgほど軽量化されているという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

695トリブートフェラーリの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る