新旧2台のベントレー、横浜美術館に登場

2011.06.01 自動車ニュース
「ベントレー・ミュルザンヌ」
新旧2台のベントレー、横浜美術館に登場

新旧2台のベントレー、横浜美術館に登場

ベントレーモーターズジャパンは、2011年6月3日から13日まで、ベントレーのフラッグシップサルーン「ミュルザンヌ」を神奈川県の横浜美術館に展示する。

「ミュルザンヌ」とともに、今回は1928年のルマンで優勝した「ベントレー4 1/2リッター」(写真)も展示される。
新旧2台のベントレー、横浜美術館に登場

これは、クラシックカーやスーパーカーが参加するドライブイベント「ジャパン・ヒストリックカー・ツアー2011」が、6月3日から5日にかけて開催されることにちなんだもの。

ベントレーは、同イベントのスタート&ゴール地点となる神奈川県横浜市の横浜美術館に、現代の旗艦モデル「ミュルザンヌ」と往年の名車「ベントレー4 1/2リッター」を展示。多くの自動車ファンや芸術愛好家がベントレーの歴史や情熱に触れられる機会を提供するとしている。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミュルザンヌの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る