新旧2台のベントレー、横浜美術館に登場

2011.06.01 自動車ニュース
「ベントレー・ミュルザンヌ」
新旧2台のベントレー、横浜美術館に登場

新旧2台のベントレー、横浜美術館に登場

ベントレーモーターズジャパンは、2011年6月3日から13日まで、ベントレーのフラッグシップサルーン「ミュルザンヌ」を神奈川県の横浜美術館に展示する。

「ミュルザンヌ」とともに、今回は1928年のルマンで優勝した「ベントレー4 1/2リッター」(写真)も展示される。
新旧2台のベントレー、横浜美術館に登場

これは、クラシックカーやスーパーカーが参加するドライブイベント「ジャパン・ヒストリックカー・ツアー2011」が、6月3日から5日にかけて開催されることにちなんだもの。

ベントレーは、同イベントのスタート&ゴール地点となる神奈川県横浜市の横浜美術館に、現代の旗艦モデル「ミュルザンヌ」と往年の名車「ベントレー4 1/2リッター」を展示。多くの自動車ファンや芸術愛好家がベントレーの歴史や情熱に触れられる機会を提供するとしている。

(webCG 関)

関連キーワード:
ミュルザンヌベントレーイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • ロールス・ロイス、8代目となる新型「ファントム」を日本に導入 2018.1.22 自動車ニュース ロールス・ロイスが8代目「ファントム」の日本導入を開始した。今回の新型にはロールス・ロイス専用に開発された「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」が採用されており、快適な乗り心地と高い静粛性が徹底的に追求されている。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
ホームへ戻る