森をイメージした内装の「日産キューブ」発売

2011.05.31 自動車ニュース

森をイメージした内装の「日産キューブ」発売

日産自動車は2011年5月31日、スクエアなフォルムが特徴の小型車「キューブ」に特別仕様車「15X/15X FOURこもれびグリーンセレクション」を設定し、発売した。

「15X/15X FOURこもれびグリーンセレクション」は、「15X」(FF車)と「15X FOUR」(4WD車)をベースに、エクステリアとインテリアに専用の加飾をほどこし、さらに装備を充実させたモデルだ。

エクステリアは、ビターショコラまたはホワイトパールのボディカラーが選べ、ホワイトパールのドアミラー、ドアハンドル、フルホイールカバーが組み合わされる。

インテリアには、森をイメージしたという専用内装「こもれびグリーンインテリア」を採用。これは、手触りの良さを追求したクラッシュベロア生地のグリーンシート表皮にブラウンのパイピングを組み合わせたもので、シートサイドにはグリーンを基調とした四つ葉のクローバー模様があしらわれる。また、同内装との調和が図られた専用のシャギーカーペットが、専用ディーラーオプションとして設定される。
本革巻3本スポークステアリングホイール、プッシュエンジンスターター、メッキインナードアハンドル、インテリジェントキー、エンジンイモビライザーも備わる。

価格は、「15Xこもれびグリーンセレクション」(FF車)が161万1750円で、「15X FOURこもれびグリーンセレクション」(4WD車)は183万9600円。ともにベースモデル比7万8750円高となる。

(webCG 曽宮)

「キューブ15Xこもれびグリーンセレクション」
「キューブ15Xこもれびグリーンセレクション」 拡大

森をイメージした内装の「日産キューブ」発売の画像 拡大

森をイメージした内装の「日産キューブ」発売の画像 拡大

関連キーワード:
キューブ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「スバル・フォレスター」の国内受注がスタート 2018.5.18 自動車ニュース スバルは2018年5月18日、同年夏に発売を予定している5代目「スバル・フォレスター」の先行予約を開始した。新型では、モーター付きの「e-BOXER」搭載モデルもラインナップされる。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • マツダCX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.5.7 試乗記 フルモデルチェンジから1年余り。「マツダCX-5」に早くも手直しが入った。新規技術を出し惜しみせず、矢継ぎ早に投入していくのが“現在”のマツダ流。その進化のほどやいかに!?
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
ホームへ戻る