「日産ジューク アーバンセレクション」発売

2011.05.30 自動車ニュース

都市部でさえる日産ジューク「アーバンセレクション」発売

日産自動車の関連会社オーテックジャパンは、クロスオーバー「日産ジューク」のカスタマイズモデル「アーバンセレクション」を、2011年5月30日に発売した。

「日産ジューク」の「アーバンセレクション」は、主に都市生活者に向けて開発したという特別仕様車だ。

ベースモデルは、1.5リッターの自然吸気エンジンを積む「15RS」「15RX」(ともにFF車)。専用サスペンションの採用で、全高は1565mmから1550mmへと15mmローダウン。より多くの立体駐車場に入れるようになった。

エクステリアも、専用のフロントグリルや、ハッチゲートのモール、エグゾーストフィニッシャーなどでスポーティにドレスアップ。1インチ大きな17インチホイールが組み合わされるのもポイントだ。

さらに「15RS アーバンセレクション」ではリアドアとバックドアのガラスがプライバシーガラスになり、「15RX アーバンセレクション」には電動格納式のリモコンカラードドアミラーやインテリジェントキー、エンジンイモビライザー、プッシュスターターが与えられる。

価格は以下のとおり。(カッコ内はベースモデルとの価格差)
・「15RS アーバンセレクション」:174万900円(+5万400円)
・「15RX アーバンセレクション」:198万4500円(+19万4250円)

(webCG 関)

「日産ジューク アーバンセレクション」
「日産ジューク アーバンセレクション」 拡大

「日産ジューク アーバンセレクション」発売の画像 拡大

関連キーワード:
ジューク日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン【開発者インタビュー】 2018.7.2 試乗記 ユーザーの若返りを最重要課題に掲げて全面的に刷新された、トヨタの高級セダン「クラウン」。その開発に込めた思いを、チーフエンジニアの秋山 晃さんと、デザインを取りまとめた國重 健さんに語ってもらった。
  • アウディRS 3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.4 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、アウディの高性能ハッチバック車「RS 3スポーツバック」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、もはや万能とも思える実力の高さが伝わってきた。
ホームへ戻る