メルセデス・ベンツCクラスがマイナーチェンジ

2011.05.30 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツCクラス」がマイナーチェンジ

メルセデス・ベンツ日本は2011年5月30日、マイナーチェンジした「Cクラス」を発表し、同日より販売を開始した。

■2000カ所以上におよぶ変更

メルセデス・ベンツの主力モデルである「Cクラス」。現行モデルの「204」型は2007年に登場し、累計販売台数がすでに100万台を超えている。その人気モデルが、デビューから4年を経て大規模なマイナーチェンジを実施し、早くも日本に上陸した。

新しいCクラスは、さらに精悍(せいかん)になったエクステリアと、質感がアップしたインテリア、直噴エンジン+7段オートマチックによる燃費向上、各種アシスタンスシステムの充実などが特徴として挙げられる。

エクステリアは、ヘッドライトやラジエターグリル、ボンネットの形状を一新。ヘッドライトには「C」型のLEDポジションライトを採用して新しさをアピールするとともに、リアコンビネーションライトにも「C」型のデザインを繰り返すことで、Cのモチーフを強調している。新デザインのボンネットはアルミ製として軽量化を図った。

エクステリア以上に変更が目立つのがインテリアだ。一新したダッシュボードは中央の見やすい位置に「COMANDディスプレイ」を配したデザインとなり、また、従来型では質感不足が指摘されていた仕上がりにも大幅な向上が見られる。

■全車直噴エンジン搭載、エコカー減税対象に

搭載されるエンジンはすべて直噴タイプで、「C200」と「C250」にはそれぞれ184ps、204psの1.8リッター直4直噴ターボが、また「C350」には"BlueDIRECT"技術によりリーンバーン燃焼が可能な3.5リッターV6直噴エンジン(306ps)を搭載する。トランスミッションは、従来に比べてさらに効率アップを図った7段オートマチック"7G-TRONIC PLUS"を全車に採用。これにより、欧州仕様では最大31%の燃費向上を実現。日本仕様でも、C200、C250はエコカー減税対象となっており、現在型式申請中のC350もエコカー減税対象となる見込みだ。

安全運転をサポートする装備も充実していて、ドライバーの疲労を検知し必要なら休憩を促す「アテンションアシスト」や、ハイビーム/ロービームを自動的に切り替える「アダプティブ ハイビームアシスト」を標準装着。また、縦列駐車をサポートする「パークトロニック(パーキングガイダンス機能付き)」を用意している。標準装備のインフォテインメント「COMANDシステム」はインターネット接続が可能なほか、Bluetoothオーディオ機器や各種携帯オーディオ機器との接続にも対応している。

このように、細部にわたって改良が施された新型Cクラス。「メルセデス・ベンツ史上、最高傑作のCクラス」(ニコラス・スピークス社長)とうたうだけに、「BMW3シリーズ」や「アウディA4」にとっては手強いライバルとなりそうだ。

価格はセダンが「C200ブルーエフィシェンシー ライト」の399万円から「C350ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」の680万円まで。ステーションワゴンは20万円高の設定となる。なお、C350は少し遅れて、8月導入の予定である。

(文=生方聡)

「メルセデス・ベンツCクラス」
「メルセデス・ベンツCクラス」 拡大
フロントまわりでは、ヘッドライト、ラジエターグリル、バンパー、ボンネットなどが新デザインとなった。写真は、「アバンギャルド」。
フロントまわりでは、ヘッドライト、ラジエターグリル、バンパー、ボンネットなどが新デザインとなった。写真は、「アバンギャルド」。 拡大
ヘッドライト内には「C」シェイプのLEDポジションライトが備わる。
ヘッドライト内には「C」シェイプのLEDポジションライトが備わる。 拡大
インテリアは、ダッシュボードやメーターパネルが新調されている。
インテリアは、ダッシュボードやメーターパネルが新調されている。 拡大
2011年8月導入予定の「C350ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」には、3.5リッター直噴V6エンジンを搭載。希薄燃焼やアイドリングストップ機能の採用で燃費向上が図られる。スペックは、最高出力306ps/6500rpm、最大トルク37.7kgm/3500-5250rpm。
2011年8月導入予定の「C350ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」には、3.5リッター直噴V6エンジンを搭載。希薄燃焼やアイドリングストップ機能の採用で燃費向上が図られる。スペックは、最高出力306ps/6500rpm、最大トルク37.7kgm/3500-5250rpm。 拡大
メーターパネル内には、カラーディスプレイが採用された。
メーターパネル内には、カラーディスプレイが採用された。 拡大
ステーションワゴンのリアビュー。リアコンビネーションランプが新意匠に改められた。
ステーションワゴンのリアビュー。リアコンビネーションランプが新意匠に改められた。 拡大

関連キーワード:
Cクラス セダンCクラス ステーションワゴンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCクラス セダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ【海外試乗記】 2018.6.29 試乗記 4代目になってから5年目、「メルセデス・ベンツCクラス」が大幅改良。外観の変化は少ないが、パワーユニットはガソリン・ディーゼルともに一新。セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレの4ボディーすべてのモデルにルクセンブルグで試乗した。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ/アテンザワゴンXD Lパッケージ【試乗記】 2018.7.12 試乗記 マツダの旗艦モデル「アテンザ」が、現行世代では過去最大といわれるほどの大幅改良を受けた。内外装のデザインや仕立てはもちろん、エンジン、ボディー、足まわりと、クルマを構成するあらゆる箇所がブラッシュアップされた最新モデルの出来栄えを確かめた。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
ホームへ戻る