第6戦モナコGP決勝結果【F1 2011 速報】

2011.05.30 自動車ニュース

【F1 2011 速報】第6戦モナコGP、三つどもえの戦いを制しベッテル優勝

F1世界選手権第6戦モナコGP決勝が、2011年5月29日、モンテカルロ市街地コース(3.34km)を78周して行われた。

レース終盤、タイヤの状況が異なるトップ3台が一塊となり優勝争いを繰り広げていたが、残り10周を切った時点でこの日2度目のセーフティカーが入り赤旗中断。再開後の6周を乗り切ったレッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテルが、今年5回目のポールポジションから今シーズン5勝目、自身通算15勝目を飾った。

2位に入ったのはフェラーリのフェルナンド・アロンソ、3位はマクラーレン・メルセデスのジェンソン・バトン。チャンピオン経験者による三つどもえの戦いは見応え十分だった。

最終ラップのシケインで4位にあがったのはレッドブルのマーク・ウェバー。そのウェバーに抜かれはしたものの、長いレースを1ストップでもちこたえたザウバー・フェラーリの小林可夢偉が見事5位入賞を果たした。

時としてアグレッシブ過ぎる走りで接触も多かったマクラーレンのルイス・ハミルトンが6位、2度目のセーフティカーのきっかけをつくったフォースインディア・メルセデスのエイドリアン・スーティルは7位、ルノーのニック・ハイドフェルドが予選16位から8位でフィニッシュした。
大ベテランのルーベンス・バリケロが9位に入り、ここまで今季ノーポイントと不調にあえいでいたウィリアムズ・コスワースに2点を献上した。トロロッソ・フェラーリのセバスチャン・ブエミが10位でチェッカードフラッグを受け、最後の1点を獲得した。

以下、11位ニコ・ロズベルグ(メルセデス)、12位ポール・ディ・レスタ(フォースインディア)、13位ヤルノ・トゥルーリ(ロータス・ルノー)、14位ヘイキ・コバライネン(ロータス)、15位ジェローム・ダンブロジオ(ヴァージン・コスワース)、16位ビタントニオ・リウッツィ(HRTコスワース)、17位ナレイン・カーティケヤン(HRT)、18位パストール・マルドナド(ウィリアムズ)が完走となった。

6戦5勝で143点獲得、勢い止まらぬポイントリーダーのベッテルは、85点で2位につけるハミルトンに2勝分以上の58点ものギャップを築いた。3位ウェバーが79点、4位バトンは76点、5位アロンソは69点をそれぞれ得点している。
コンストラクターズチャンピオンシップはレッドブルが222点で堂々のトップ。2位マクラーレン161点、3位フェラーリ93点、4位ルノー50点、5位メルセデス40点というトップ5の順位だ。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。