第195回:「シトロエンC3」から「ロータス」まで デザイナー・ココさん、ココにあり

2011.05.27 エッセイ

第195回:「シトロエンC3」から「ロータス」までデザイナー・ココさん、ココにあり

「シトロエンC3」生みの親

「ドナート・ココ」と聞いて、すぐピンとくる読者は、カーデザイン通かシトロエン通に違いない。
ドナート・ココはイタリア人のカーデザイナーである。1954年に南部プーリア州に生まれた。長靴型半島のかかとの部分といったら、おわかりいただけるだろうか。今年57歳である。

これまでの彼の歩みはユニークだ。
インテリア建築の勉強からスタートした彼は、その後フランス・ブザンソンの美術学校で彫刻とグラフィックアートを学ぶ。プロのデザイナーとしてのスタートは1970年代後半、20代半ばのことで、グラフィック・デザイナー&イラストレーターとしてだった。以前イタリア誌のインタビューに語ったところによれば、子供向け絵本にも携わったという。

さらにインダストリアル・デザイナーとして、スポーツグラス、スキー用品なども手がけた。その後カーデザインの殿堂・英国のロイヤル・カレッジ・オブ・アートに入学。1984年、30歳で学位を取得する。
あるコンペでの優勝を機にシトロエンに入社したココは、やがて小・中型プラットフォームのチーフデザイナーに就任。1999年「クサラピカソ」、2002年「C3」と、次々にヒット作を飛ばした。さらに、2003年「C3プルリエル」および「C2」、2005年「C1」、そして当時のスポーツ&ラリーモデルのデザイン開発にも携わった。

ココの代表作である初代C3に関して個人的な思いを記せば、それ以前に「サクソ」「エグザンティア」と、シトロエンにしては没個性的なスタイルが続いたこともあって、C3のスタイルはボクの目にかなり大胆に映ったものだ。にもかかわらず、欧州各国で大ヒットした。ちなみに初代C3は2代目C3が登場したあとも、欧州では「C3クラシック」の名で2010年まで継続販売された。

ドナート・ココ氏。2011年5月22日イタリア・コモで開催されたBMWデザイントークで。
第195回:「シトロエンC3」から「ロータス」まで−デザイナー・ココさんココにあり
初代「シトロエンC3」。2代目(2009年)が登場した後も欧州では「C3クラシック」の名で2010年まで継続販売された。
第195回:「シトロエンC3」から「ロータス」まで−デザイナー・ココさんココにあり

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。