第4回:イラクのロードムービーが映す悲惨と希望
『バビロンの陽光』

2011.05.26 エッセイ

第4回:イラクのロードムービーが映す悲惨と希望『バビロンの陽光』

クルマと相性のいい映画ジャンル

ロードムービーというジャンルがある。旅、あるいは移動そのものがテーマになっていて、途上での出来事を描写していくというスタイルだ。映画というのは不思議なもので、それだけで魅力的な作品になりやすい。フレームの外に何が潜んでいるのかを、観客は知りたがる。

名作がいくらでも頭に浮かぶ。『イージー・ライダー』『パリ、テキサス』『スケアクロウ』『ストレンジャー・ザン・パラダイス』など、キリがない。最近の作品でも、『モーターサイクル・ダイアリーズ』『イントゥ・ザ・ワイルド』『リトル・ミス・サンシャイン』は素晴らしかった。

旅の手段はいろいろで、『砂の器』は徒歩だし、『ダージリン急行』は電車だ。でも、やはりいちばん多いのはクルマなのだ。ロードムービーとクルマは相性がいい。たとえば、『テルマ&ルイーズ』の66年型「フォード・サンダーバード」のカッコよかったこと。荒野の一本道を駆け抜ける様子は、それだけで絵になる。ただ、それはアメリカの広大な土地だからこそで、日本ではスケールの大きい逃避行は難しい。『悪人』でも、妻夫木くん演ずる祐一は愛車「日産スカイラインGT-R(R33)」で逃げ続けることはかなわず、どん詰まりの灯台に引きこもってしまった。

さて、今回取り上げる『バビロンの陽光』は、イラクのロードムービーである。広大な砂漠は、旅の舞台としては申し分ない。しかし、旅といってものんきな物見遊山ではなく、命をかけた過酷なものだ。2003年、フセイン政権崩壊からわずか3週間後の話なのである。

©2010 Human Film, Iraq Al-Rafidain, UK Film Council, CRM-114
©2010 Human Film, Iraq Al-Rafidain, UK Film Council, CRM-114
1966年型「フォード・サンダーバード」
「シボレー・コルベット」に対抗してフォードが市場に送り出した高級スペシャルティ・カー。これは4代目で、テールフィンが完全に消えている。
1966年型「フォード・サンダーバード」
「シボレー・コルベット」に対抗してフォードが市場に送り出した高級スペシャルティ・カー。これは4代目で、テールフィンが完全に消えている。
「日産スカイラインGT-R」(R33型)
名車「R32」の後継として、1993年から販売された。『悪人』の主人公祐一は、このクルマを走らせることが唯一の楽しみであり、生きる証しでもある孤独な青年だった。
「日産スカイラインGT-R」(R33型)
名車「R32」の後継として、1993年から販売された。『悪人』の主人公祐一は、このクルマを走らせることが唯一の楽しみであり、生きる証しでもある孤独な青年だった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。