ルノー、5ドアハッチの新型「メガーヌ」発売

2011.05.26 自動車ニュース
「ルノー・メガーヌ GTライン」
ルノー、5ドアハッチの新型「メガーヌ」発売

ルノー、5ドアハッチバックの新型「メガーヌ」発売

ルノージャポンは2011年5月26日、5ドアハッチバックの新型「ルノー・メガーヌ」を日本に導入し、販売を開始した。

「プレミアムライン」(写真)のインテリアはベージュ基調。メーターパネルにはデジタルのスピードメーターとアナログのタコメーターが備わる。
「プレミアムライン」(写真)のインテリアはベージュ基調。メーターパネルにはデジタルのスピードメーターとアナログのタコメーターが備わる。
ヘッドレストの支柱がシートバック内部に無いという新設計のシートは、後部からの衝突時に体が沈みやすくなり、むち打ち障害の軽減が実現できるとのこと。写真は「GTライン」のスポーティな形状のシート。
ヘッドレストの支柱がシートバック内部に無いという新設計のシートは、後部からの衝突時に体が沈みやすくなり、むち打ち障害の軽減が実現できるとのこと。写真は「GTライン」のスポーティな形状のシート。

■デザイン一新、丸みを強調したものに

本国フランスでは2008年11月に発売された「ルノー・メガーヌ」が、ようやく日本に上陸した。
クーペ(3ドア)ボディの「メガーヌ ルノースポール」が先行して日本に導入されていたが、このたび発売されたのはベーシックな5ドアハッチバックモデルである。ベーシックな「プレミアムライン」と、スポーティな「GTライン」の2グレードが用意されている。

パトリック・ル・ケモンが手がけた先代モデルは、直線と曲面を大胆に組み合わせた、「ヴェルサティス」「アヴァンタイム」などとも共通したエクステリアデザインが特徴的だった。一方、3代目となる新型では、デザインの方向性が大きく変更され、現行「ルーテシア」や「ラグナ」(日本未導入)と同様、丸みを強調したデザインとされている。同車のエクステリアデザインは、デジタルデザイン技術のみで描かれたもので、ルノーでは初という。

インテリアは、明るいベージュを基調とするプレミアムラインに対し、GTラインはスポーティなダークカーボン調のカラーリングでまとめられた。いずれもファブリックとレザーのコンビシートを装着、後者に備わるシートはサイドサポートが張り出したスポーティな形状となる。

荷室は372リッターの容量を確保。室内にはほかに、フロントアンダーフロアボックスや前後ドアポケットなど、計31リッターの収納スペースも用意される。

「ルノー・メガーヌ プレミアムライン」
「ルノー・メガーヌ プレミアムライン」
リアシートは6:4の分割可倒式。
リアシートは6:4の分割可倒式。

■高い走行安定性を実現

ボディサイズは、全長4325mm×全幅1810mm×全高1470mm(プレミアムライン)で、従来モデルより幅広く、長くなった。ホイールベースは2640mmと、こちらもより長くなっている。

サスペンション形式は従来型同様、前マクファーソンストラット/後トレーリングアームを採用。サブフレーム形状変更による横剛性の向上や、中空のリアアクスルを用いての軽量化などが図られ、先代モデルより高い走行安定性を発揮するという。さらに、電動パワステのギア比はよりクイックに、各種センサーの検知速度も上げられたことで、ステアリングの応答性と正確性も向上したとうたわれる。

スポーティグレード「GTライン」のシャシーは、チューニングをルノースポールが担当。よりダイナミックな走りを楽しめるよう、全高が12mmローダウンされた高レートのスプリングを装着し、ダンパーの減衰力も高められた。タイヤサイズもプレミアムラインの16インチから17インチに拡大される。

■パワートレインも刷新

エンジンは日産と協同開発した2リッターガソリン「M4R型」ユニットを採用。パフォーマンスは最高出力140ps/6000rpm、最大トルク19.9kgm/3750rpmというものだ。特にわずか2000rpmで最大トルクの87%を発生するなど、低回転での高レスポンスが特徴という。さらに各部の軽量化により、エンジン重量が1.6リッターユニット並みに抑えられていることもアピールポイント。組み合わされるトランスミッションは、従来の4段ATから、6段のマニュアルモード付きCVTに改められた。

安全性の向上も新型のアピールポイントだ。事故を未然に防ぐ機能として、ESPはもちろんのこと、ステアリングの切れ角に応じてライトの照射方向を変える「ディレクショナル・バイキセノン・ヘッドランプ」を標準装備。衝撃エネルギー吸収性の高いボディ設計を採用したほか、ボディ横方向からの衝撃への検知スピードを高め、さらにサイドエアバッグの展開圧力を衝撃の大きさによって変化させるなど、パッシブセーフティ面も強化された。

新型メガーヌのハンドル位置は右のみで、価格は「プレミアムライン」が268万円、「GTライン」が275万円。前者は7色、後者は5色のボディカラーが用意される。

(webCG 本諏訪)

関連記事
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.14 試乗記 パリジャン&パリジェンヌはシンプルで合理的なクルマがお好き? ルノーのAセグメントコンパクト「トゥインゴ」が3代目にフルモデルチェンジ。RRの駆動方式がかなえる走りと、このクルマならではの魅力をリポートする。
  • 「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売 2017.5.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.25 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール」の中でも、“最高峰モデル”とされる「トロフィー」に試乗。専用チューンのエンジンや足まわりを吟味しつつワインディングロードを走らせてみると、ルノースポールならではの職人技が見えてきた。
ホームへ戻る